パリ・サンジェルマンのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、16日(火)に行われるチャンピオンズリーグ・ラウンド16のFCバルセロナ戦を見据えた。

■ネイマールの新たなロマンス お相手は23歳イタリア人モデル

アルゼンチン人指揮官は次のように、ロナルド・クーマン率いるバルサを警戒している。

「私はバルセロナの進化を見てきたが、ロンドンの自宅にいた時に、クーマンがチームを引き継いだ時から、チームが変化の過程にあることが明らかだった」

「ロナルドが到着した時、チームをより良くするために働き始め、努力した」

「私はバルサが明確なアイデアを持ち、素晴らしい選手がいることを目の当たりにしている。それは、常に勝つために構築された、あらゆる戦い方を知っているチームだ。彼らのメンタリティは常に勝つことだ、PSGや他のビッグクラブと同じように、競争して勝ちたいと思っているもう一つのチームだ」