人生は決断の繰り返しであり、正しいか間違っているかは時間だけが教えてくれる。移籍市場には、将来の約束のために膨大な金額を投資する未知数な賭けも少なくない。ビッグクラブはリスクを負ってその見返りに有望な選手を獲得してくる。エルリング・ハーランドの場合、時間はすでにその評決を与えている。彼と契約しなかったのは誰にとっても間違いだった...明らかにドルトムントを除いて。

ハーランドがメッシとC・ロナウドを“圧倒” CL史上初の記録

さらに時間を戻すと、レアル・マドリーは800万ユーロ(約10億円)でノルウェーのストライカーに署名することができたが、オプションを破棄したと『Marca』が報じている。ハーランドは当時モルデFKでプレーしていた。マドリーの戦略はブラジル市場に集中していた。実際に、ヴィニシウス、ロドリゴ、ヘイニエルが到着した。

レアル・マドリーの拒否反応は、レッドブル・ザルツブルクがハーランドを800万ユーロでサインしたことで幕を閉じた。安くない、次に見られるもの。そして2000万ユーロでドルトムントに飛躍し、現在の市場価値は1億1000万ユーロ(約140億円)まで上昇している。彼がボルシアを去ることになる時、どの程度の価格になるのか見てみよう。