アスレティック・ビルバオがシウタ・デ・バレンシアで延長戦の末、1-2でレバンテを下し(合計スコア2-3)、FCバルセロナが待コパ・デル・レイ決勝に進出した。

バルサ対セビージャの決闘がスペイン年間最多視聴者数&最高視聴率を獲得

コロナウイルスのパンデミックは我々の日常生活に異常な事態を引き起こしているが、サッカー界も大きな影響を受けている。その一つがコパ・デル・レイだ。

パンデミックによって2019/20シーズンのアスレティック・ビルバオとレアル・ソシエダの決勝戦が延期されている。両チームは史上初のバスクダービーでの決勝を観客がいるなかで開催するため、希望を持って延期するという決断を下した。彼らは勝者に与えられるヨーロッパリーグへの出場権を放棄してまでファンの前で試合を行うことを熱望したのだ。そしてこのファイナルは、4月4日(日)にラ・カルトゥーハで開催される。

さらにマルセリーノ・ガルシア・トラルのチームは、その13日後の4月17日(土)にラ・カルトゥーハに戻ってくる。ロス・レオネスは、セビージャを相手に劇的な逆転突破を果たしたバルセロナとカップを争う。この対戦は、1月のスーペルコパ・デ・エスパーニャ決勝と同じ顔合わせだ。

よって来月、アスレティックファンは、国王杯のダブル優勝を味わえるチャンスを有しているのだ。