今季2度目のマドリードダービーは7日(日)に行われるが、元レアル・マドリーのGKイケル・カシージャスはこの試合がどれほど重要なものであるかを知っている。アトレティコ・マドリーとレアル・マドリーがタイトルを争っているだけに、このダービーは特に重要だ。

ダービーに向け怪我人が復帰するレアル、欠場続く3選手も復帰か

「人々が楽しめるような良い試合になることを願っている」とカシージャスはこの試合を前に明かしている。

「レアル・マドリーとアトレティコ・マドリーの試合は、いつも良い。アトレティコ・マドリーは良いシーズンを送っているので、レアル・マドリーが勝って、勝ち点差を縮めてくれることを願っている。このラ・リーガのタイトルを争うためには、彼らとの距離を縮める必要がある」と付け加えた。

レアル・マドリーは前節、レアル・ソシエダに引き分けたことで、FCバルセロナと勝ち点53で並んでいる。一方で首位を走るアトレティコは1試合少ないものの、勝ち点58でこの2チームに勝ち点5差をつけている。