FCバルセロナは4-1でウエスカに快勝したものの、ロナルド・クーマンは前半終了間際にウエスカに与えられたコルデーロ・ベガ主審による心外なPKについて、憤慨した。クーマンはピッチ上でも抗議し、試合後の会見でも苦言を呈した。

「VARが入ったことでおかしくなった。彼らは5分もプレーを見返していて、クレイジーだ。マルク(テア・シュテーゲン)は相手に触れていない。あり得ないジャッジでハーフタイム前に2-1になった。アンフェアだ。このペナルティがどう判定されたのか、私には理解できない」

試合については、「相手は自陣に多くの選手を配置して守ってくるため、プレーを完遂することが重要」とし、守備の安定とエリア外からのゴールを強調した。

「守備でのミスも減ったし、自信もついた。少しずつチームの配置が良くなり、3人のセンターバックがいることで守備力が高まり、自分たちのクオリティーを最大限に活かせるようになった」

メッシはこの試合の主役であり、クーマンはメッシを定義する言葉を持たなかった。「彼はバルサの歴史の中で最も重要な人物であり、彼がまだ我々と一緒にいることに感謝している」と述べた。

監督は最後に、ミンゲサのバルサでの初ゴールを祝福した。「ミンゲサは非常に良いプレーをしており、多くのポジションで活躍している。おめでとうと言いたい」