フィリペ・コウチーニョの未来はアーセナルにあるかもしれない。
以前、ブラジル人選手の移籍先として名前が挙がっていた“ガナーズ”は、今シーズン、レアル・マドリーからレンタル移籍中のマルティン・ウーデゴールを引き留められなければ、今夏FCバルセロナからブラジル人選手を連れてくるだろう。

『Daily Express』が24日(水)に報道した内容によると、コウチーニョは、同選手の代理人であるキア・ジューラブシャンが良好な関係を維持しているアーセナルのプラン「B」であるという。

したがって、イングランドのチームの優先事項は、ウーデゴールがロンドンで継続できるように、レアル・マドリーとの交渉に腰を据えることである。マドリーがどのような決断を下すかはまだ分からないが、もしノルウェー人の復帰を望んでいるのであれば、同選手のガナーズ残留は難しく、コウチーニョがターゲットになるということだ。

一方、コウチーニョがFCバルセロナで100試合に出場した場合、バルサは前所属のリヴァプールに2,000万ユーロ(25億円)を支払わなければならず、クラブの経済状況を考えると、今夏に移籍先を探すことになりそうだ。