FCバルセロナを率いることは、サッカー界で働く者にとって最も価値のあるポジションの一つである。すべての監督が占領を望んでおり、その一人がチャビ・エルナンデスである。将来的にブラウグラナを指揮する可能性が高い現アル・サッドの監督は、現ドイツ代表監督のヨアヒム・レーヴを称賛し、バルセロナを率いる素質の持ち主だという見解を示した。

監督チャビ カタールで続投へ、夢のバルサ指揮を可能にする“条項”は維持

「ドイツはスペインやバルセロナを彷彿とさせる、異なるサッカーの理解を深めている」と、チャビはドイツサッカーに注目していることを『Suddeutsche Zeitung(南ドイツ新聞』の取材で明かし、「レーヴがバルセロナの候補者としてふさわしいか?」という質問に次のように答えている。「そうだね、彼のゲームに対するアプローチの仕方や戦術的な観点、彼の個性からして十分に適していると思う」

チャビはまた、「レーヴは贅沢なコーチだ。彼はスペクタクルで攻撃的なサッカーを追求して、ワールドチャンピオンになった」と、今夏の欧州選手権を最後にドイツ代表監督の座から退く戦術家を称賛した。

チャビの名前は、ジョアン・ラポルタの長期的な計画に含まれているが、ドイツ人指揮官の名前はリストに載っていない。少なくとも短期的には、ロナルド・クーマンがバルサのベンチに座ることになる。


ヨアヒム・レーヴ[写真/AFP]