アンス・ファティはトンネルの先に光を見出し始めた。11日(日)の夜に『RAC-1』が報じたように、同選手が受けている新しい治療はうまくいっており、このまま良い状態を保てば、この彼は手術を避けることができるだろう。

前述のメディアによると、アンスはいい反応を示しており、膝の状態も良好で、手術を避けることが可能になると思われている。昨年11月9日のベティス戦で膝を負傷し、1回目の手術を受けた。その後、『TV3』の報道によると、1月中旬に再び手術を受けたとのことだが、バルサはこのことについて肯定も否定もしていない。今、この数日で得た良い感覚に期待して、アンスは楽観的になり始めているようだ。

『RAC-1』はまた、ロナルド・クーマン監督にとってシーズン初のタイトルとなるコパ・デル・レイ決勝アスレティック・ビルバオ戦(17日)に向けてチームに一体感を作るために、アンス・ファティが金曜日にチームメイトと共にセビージャに行くだろうと報じている。

負傷後、アンスがカップ戦の決勝に出場できるだろうと思われていたが、彼の回復が遅れ、今シーズン再び彼がプレーする姿を見るのを非常に難しくした。今のところ復帰時期は未定で、バルサのメディカルスタッフは、すでに予想以上に複雑化している問題に対して、リスクを冒したくないため全く急いでいない。