クリスティアーノ・ロナウドは、再び話題に挙がった。ユヴェントスのポルトガル人ストライカーは、ここ数週間のパフォーマンスが望ましいものではなく、FCポルトに敗れ、欧州チャンピオンズリーグ(CL)で敗退した後、批判を受け続けている。また、得点がなかったジェノア戦終了後、ポルトガル人FWはトンネルのロッカールームに向かう途中で床にユニフォームを投げつけた。

無得点に憤慨!ユニフォームを投げ捨てたロナウド 再び “退団”の報道流れる

そして今回、新聞『La Repubblica』に掲載された情報は、ロナウド退団が現実味を帯びる可能性があるものだった。「ロナウドを追い出せ、彼はチームとクラブの成長を妨げている」これは、クラブの元監督であるマッシミリアーノ・アッレグリが、過去にクラブ会長のアンドレア・アニェッリに言ったとされる内容だ。

クリスティアーノのユヴェントスとの契約は2022年夏に満了を迎えるが、今シーズン終了後にイタリアを離れるという噂が多くある。一部では、レアル・マドリーへの復帰を指摘する声もあるが、クラブ側には彼を呼び戻す雰囲気はないようだ。

しかし、ヨーロッパのトップレベルの大会から脱落し、セリエAでの優勝の可能性も低いユーヴェの“悪い”シーズンを考えると、アンドレア・ピルロの立場は危ういものがある。実際、イタリアのレジェンドの後任として挙がっている名前は、同じアッレグリであり、もし実現すれば、ロナウドのトリノでの時間は終わりを迎えるだろう。