マンチェスター・シティによるケヴィン・デ・ブライネの契約更新で最も衝撃的だったのは、ペップ・グアルディオラのチームが最高レベルのMFを2025年まで確保したことに加えて、クラブとの新契約は仲介者を介さずに自分で交渉したということだった。

D・スアレスの恋人がセクシーランジェリーで挑発...妖艶な姿に元バルサの彼氏も興奮

デ・ブライネは代理人であるパトリック・デ・コスターがマネーロンダリングと文書偽造の容疑をかけられたことで、彼と決別していた。

ベルギー人MFと似たようなケースに、ヨシュア・キミッヒがいる。『Bild』紙で明らかにしたように、バイエルン・ミュンヘン所属の同選手は、代理人を務めたコンサルティング会社『fair-sport GmbH』との契約を解消した理由を説明している。

「これは僕が自分の意志で昨年に下した決断。自分の価値観や見解をより一層守り、個人的な責任を果たしたいと判断した。自分の立場を最もよく表現できるのは自分自身だと確信している」

キミッヒは、ロベルト・レヴァンドフスキ、トーマス・ミュラー、マヌエル・ノイアーといった他のスター選手と同じ給与体系にするために、バイエルン・ミュンヘンとの契約更新を控えている。2023年に契約が切れるため、今後はウリ・ヘーネスと個人的に交渉することになる。

ミノ・ライオラのような大物代理人がエルリング・ハーランドのドルトムント退団を交渉しようとしている時代に、キミッヒの決断は驚きのニュースである。