年月を経ても伝統は変わらない。ロッカールームで最も権威のある声の持ち主であり、根っからのバルセロニスタであるジェラール・ピケは、この10年以上、タイトルを祝うための偉大な扇動者であり続けた。最初の栄冠は、2009年にペップ・グアルディオラと共に22歳でコパ・デル・レイを初めて獲得した時だった。そして12年後の昨日、ラ・カルトゥーハで、34歳で再び優勝した。

集合写真に潜入しようとしたデンベレ、ピケにはぶかれる「お前は出て行け」

みんなが少し羽目を外すために必要なその悪知恵と共に、マシアで育ったこのサッカー選手は、マルティネス・ムヌエラが試合終了のホイッスルを吹くと、最高のひと時を過ごした。解き放たれ、自由に、幸せを爆発させた。彼はクラブが苦しんでいたことを知っていたし、バルセロニズムが必要としていたものがこのような喜びだというのがわかっていた。また、常に全力で擁護してきたロナルド・クーマンと心から抱き合った。そして、素晴らしい関係を築いているジョアン・ラポルタとも。

ひとたび“ショー”が始まると、ピケは明日がないかのようにCAVA(カバ)を飲み始め、目の前にいたチームメイト、スタッフ、記者、オペレーターなどすべての人にカバを浴びせた。カバの「王様」は、ラ・カルトゥーハのピッチ上でボトルを空にして満足したわけではなく、ホテルに到着すると、テンションの高い選手たちと共に、バスの到着を待つ報道関係者の全員を濡らすために自らその責任を引き受けた。セビージャのNH Collection(ホテル)への記憶に残る到着の際には、ピケがセレモニーの中心となっていた。

さらに、SNSで「これは終わっていない、始まったばかりだ。おめでとう、バルササポーターのみんな。バルサ万歳、カタルーニャ万歳」とメッセージを送る余裕もあった。人々がどれほどこのような幸福感を必要としていたか!