ロナルド・クーマンがラ・カルトゥーハで作曲したメロディーは、すべての音色を兼ね備えていた。緻密で調和のとれた方法で用意された楽器や部品は、対抗する方法を知らないアスレティックをかき乱した。敵将マルセリーノ・ガルシア・トラルは、バルサのリズムを止めるコードや方法を見つけられず、ただ圧倒された。

バルサは3年の延長オファーもデンベレの契約更新が滞る

メッシはメッシだった。ウイングバックは3-4-2-1には多くのメリットがあることを再び示した。そして、フレンキー・デ・ヨング。彼は、ラ・カルトゥーハでの92分間のコンサートの中で、一瞬たりとも調子が狂うことのない素晴らしいプレーを披露した。セビージャのスタジアムでは、2020年を通していくつかのコンサートが開催される予定だった。無観客ではあったが、このスタジアムは本物の「ショー」を提供するために4月17日まで待つ必要があった。

このオランダ人選手がサッカー界を驚かせたアヤックスでのプレーを提供できなかった最初のシーズンの後、ロナルド・クーマンの到着は、デ・ヨングにとって何かの始まりを意味していた。彼をよく知る監督は、最もパフォーマンスを発揮できる場所を知っていた。期待の持てるパフォーマンスといくつかの苦しみを交互に繰り返していたが、このMFは弾丸のように2021年をスタートした。残っている足かせを振り払って、より終盤で加速する状態に開花した。

■2021年での爆発
彼がバルサファンのお気に入りの一人であることは周知の事実である。技術的に極めて美しく、ピッチ上でのすべてのプレーにおいて知的である。昨日のラ・カルトゥーハでのパフォーマンスは、2019年8月16日にバルサでデビューして以来、おそらく最高レベルのものだった。彼は自信を持ってピッチを駆け回り、プレーの1つ1つに見事なまでに意味を与えていた。

守備の仕事においても労を惜しむことなく貢献し、サイドに姿を表してグリーズマンの先制点を完璧な低いクロスでアシスト、芸術的な傑作を完成させるためにメッシと連携した。スコアを3-0とした時のプレーをあらゆる角度から再生するれば、その美しさと正確さに感嘆させられる。

試合のハイライトと言えるメッシとの極上のハーモニーだった。デストと1回目のワンツーから、デ・ヨングの上手いツータッチプレー、そして最後に我々を決して飽きさせることのないレオのフィニッシュだった。

さらにデ・ヨングは、60年前にタイムスリップしたかのようなダイビングヘッドでのゴールで、もう私たちを虜にした。ジョルディ・アルバのクロスはメッシを狙ったものだったが、背後から不死鳥の如く飛来したオランダ人が、1960年11月23日の欧州カップ、マドリー戦でエバリストが決めた神話的なゴールを模倣したゴールを決めた。1ゴール、2アシスト、パス成功率97%、ドリブル成功4/4、デュエル勝利8/11。完全無欠の選手である。