レアル・マドリーとFCバルセロナは、日曜日から月曜日の早朝に誕生し、火曜日から水曜日の夜にかけてイングランドのクラブが撤退したことで、大きな影響を受けている欧州スーパーリーグのプロジェクトを唯一擁護している。

■欧州スーパーリーグ創設を正式発表...12クラブが参加に同意

4月21日の朝には、イタリアのクラブ(ユヴェントス、インテル、ミラン)や、意見の不一致にある3番目のスペインのクラブであるアトレティコ・マドリーも”削除”された。

サポーターの反応に後押しされたチェルシー、そしてマンチェスター・シティが辞退のドアを開けてからというもの、次々と辞退するクラブが出ている。
、政府、連盟、各国リーグ、監督や選手、元スター選手らによるプロジェクトを否定する発言が相次いだことで、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長やユヴェントスのアンドレア・アニェッリ会長が公に擁護していたプロジェクトの基盤が損なわれた。

プレミアリーグの6クラブ(マンチェスター・シティ、ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、トッテナム、リヴァプール)の離脱が正式に決定する数時間前、バイエルン・ミュンヘンとボルシア・ドルトムントは、ブンデスリーガのビッククラブらがこのプロジェクトを支持していないことを確認し、PSGも2022年のカタールW杯を考慮して離脱した。

一方でセリエAとリーガ・エスパニョーラのチームは、まだはっきりとした声明を出していない。新大会の将来性を擁護するアニェッリの言葉とは裏腹に、インテル、ミラン、ユヴェントスは公式に離脱を発表していた。また、アトレティコ・マドリーも離脱を発表した。

現時点では、レアル・マドリーだけがスーパーリーグのプロジェクトに絶対的にコミットしており、バルサは公式には表明していない。
3月から会長を務めるジョアン・ラポルタが、ロナルド・クーマンとキャプテンたちに、このプロジェクトとクラブの姿勢を説明し、彼らの援護がソシオの議会の可決にかかっていることを公表したことは知られている。