ファビオ・カペッロは、1996年夏にロベルト・カルロスがレアル・マドリーと契約した際、エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウで監督を務めていたが、その時の移籍の経緯を明かした。

ヴァラン 2ndレグへ望みを繋げた“救世主2人”を賞賛「助けられた」

このブラジル人左サイドバックは、インテルに在籍していたが、ポジションを変えてプレーさせており、満足していなかった。カペッロは、選手とクラブが移籍を受け入れる意思があることを知ると、そのチャンスに飛びついた。

カペッロは『Sky Italia』で次のように説明している。
「信じられなかった。ジョバンニ・ブランキーニから彼を売ると聞いて、“インテルがロベルト・カルロスを売ろうとしているなんて”と思った」

「信じられなかったので、ファックスで価格を送ってもらったが、文句なしの金額ではなかった。それでも私はレアル・マドリーのロレンツォ・サンズ会長に電話して、ミラノに直行するように言った。このニュースが流れれば、イタリアの全チームが彼を獲得するだろうと説明した。23時には契約書が出来上がっていた。24分足らずだったよ」

続いてカペッロは、ロベルト・カルロスの現在の状況について、解説者としての生活を楽しんでいるとジョークを飛ばした。「もし彼が今のように太っていたら、私は彼と契約しなかっただろうね」