ロナルド・クーマンは、オランダのメディア『De Telegraaf』のインタビューに応じ、レオ・メッシについて語っている。
FCバルセロナのオランダ人監督は、「メッシは再び最高の状態にいる」と断言している。

監督は、このアルゼンチン人ストライカーをベストな状態に戻すことに成功し、ホームでのグラナダ戦では敗れたものの、バルサはリーガ・サンタンデールのタイトル獲得の可能性を維持している。

また、インタビューの中で、クーマンはペップ・グアルディオラを称賛している。「私は彼のおかげで幸せだ。ペップのチームはどれも素晴らしいサッカーをする。シティでも再び素晴らしいサッカーをしている。しかし、バルサの時代の彼は、さらに決定的なチームを持っていて、信じられないほどの成功を収めることができた。その中で、私はこれ以上ないと思うようなゲームを見てきた。その時のバルサは私にとって完璧だった」

そしてクーマンはこう付け加えている。「若い選手を多く起用し、魅力的なプレーをしている。我々はまだ道の途中で、まだあそこにはたどりついていない」

ロナルド・クーマンはペップ・グアルディオラと良好な関係を築いており、機会があれば常にグアルディオラを褒め称えている。