レオ・メッシの将来については誰もが関心を持ち続けている。ここ数日『TNT Sport Brasil』は、パリ・サンジェルマンがすでにアルゼンチン人クラックへのオファーを準備していると報じていたが、1日の『L'Equipe』紙によると、キリアン・エムバペの更新に注力しているフランスのクラブにとって、ロサリーノの獲得は優先事項ではないという。

前述のフランスメディアによると、ここ数日、パリのクラブの首脳陣は、レアル・マドリーへの移籍が常に噂されているエムバペの契約更新の合意に向けて努力を傾けているとのこと。契約は2022年6月に満了する。

なお、『TNT Sport Brasil』が報じたPSGによるメッシへオファーは、2シーズンと3シーズン目の延長オプションが含まれる契約。ブラウグラナには難しい経済的条件のオファーをすでに用意したと言われている。

同じ情報源によると、PSGはメッシの環境と連絡を取り合っており、ロサリーノには2つの選択肢しかないという。つまり、バルサのシャツを着続けるか、PSGと契約するかだ。