チェルシーはゴール前での決定力不足に課題を抱えている。トーマス・トゥヘル監督は、プレミアリーグでわずか6ゴールしか挙げられていないティモ・ヴェルナーのパフォーマンスに満足しておらず、ブルーズは夏の移籍市場で代替選手を探しているようだ。

ここ数日、旧知の人物がスタンフォード・ブリッジに戻ってくるという憶測が勢いを増している。『The Sun』によると、チェルシーはロメル・ルカクに対して1億ユーロ以上の入札を準備している模様。ロンドンのクラブは、アントニオ・コンテ監督の下でゴール量産しているベルギー人ストライカーの再獲得に向けて金銭的な努力を惜しまないようだ。

ルカクは、ロンドンでは実りある時間を過ごすことができなかった。2011年にアンデルレヒトからヨーロッパサッカー界の期待の星としてやってきたが、チェルシーには馴染めず、ウェストブロムやエヴァートンへのレンタル移籍を経て、最終的にリヴァプールのチームに完全移籍した。

アントニオ・コンテは自分のスターを手放すつもりはないようだが、インテルの経済的な必要性から、売却につながる可能性がある。そのためには、タミー・エイブラハムとオリヴィエ・ジルーの両名を移籍させる必要がある。

ロメル・ルカクは、今シーズン41試合に出場して27ゴール9アシストを記録し、インテルのスクデット獲得に貢献した。このベルギー代表ストライカーは、ゴールを決めるだけではなく、ラウタロ・マルティネスとの好連携や圧倒的なフィジカルを活かしたポストワークなどのピッチ上でのインパクトで、コンテ監督の構想の柱となっている。