ユヴェントスが来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権を失う可能性がある中、監督アンドレア・ピルロの席はかつてないほど熱くなっており、週末にはライバルであるACミランに大敗し、さらなる屈辱を味わった。

「何が起こったのか説明できないが、辞任はしない。私の仕事は継続しており、改善できると確信している。クラブが許してくれる限り、残りの3試合を戦う」とピルロはミラン戦後に語った。彼に退任の意思がないことは明らかだが、クラブの役員たちは彼の解任を考えているかもしれない。

このシナリオでは、ユーヴェはさまざまな選択肢を検討しており、最も気に入っているのはジネディーヌ・ジダンだとイタリアの報道機関は伝えている。イタリア紙『Tuttosport』はすでに「ピルロに別れを告げる」と呼びかけており、『La Stampa』はジダンがトリノに戻ってくることを指摘している。

また、同メディアは、元ユヴェントスの監督マッシミリアーノ・アッレグリが今夏、サンティアゴ・ベルナベウで指揮を執る可能性があることを主張している。いずれにせよ、今シーズン、マドリーが無冠で終わるようなことになれば、ジダンの去就に影響することは間違いないだろう。