リーガ優勝をかけたエスパニョール戦を我々は固唾を飲んで見守った。数々のゴール、問題行為、エモーションの渦、、、そしてリーガの行方は来週の土曜に持ち越された。
勝者はおそらく最後の最後まで分からないだろう。

■関連記事:バルサ宿敵GK 次はスアレス

FCバルセロナは期待に完璧に応え、リーガ優勝候補にふさわしい戦いぶりを見せた。
エスパニョール側の過剰な暴力や、主審のヒル・マンサノがそれらの行為に見て見ぬふりをしていたにも関わらずだ。暴力的なエスパニョールをバルサはメッシ、スアレス、ラフィーニャ、ネイマールのゴールによって大差で破った。

■関連記事:バルサ5得点大勝 優勝に王手

エスパニョールのGKパウ・ロペスは2日前にバルサのリーガ優勝を阻みたいと語った。しかしながら同選手は5度にわたるゴールを許してしまった。

■関連記事:メッシ宿敵 問題発言で挑発

レアルもまた、苦戦しながらもバレンシアを3-2で下し、バルサとの勝ち点差は1である。そして勝利を逃したのはアトレティコだ。レバンテに敗北し、貴重な勝ち点3を失った。

■関連記事
シメオネ、潔く優勝を諦める

レアル辛勝 MVPは控えGK



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
■リーガ順位表・得点ランキング

■リーガ最新画像満載!ギャラリーコーナー

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

#fb-custom span{ margin:20px 0 0 160px; } (function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.4"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));