先週末にマルセイユで起きた暴動でロシア人のウルトラス(※1)に鉄の棒で襲われたイギリス人サポーターのアンドリュー・バチェは昏睡状態にあるが、彼の命に別状はない。
彼の兄弟がイギリスメディアにそのように明かした。

※1・・・熱狂的なサポーターグループ

しかし、51歳で家族の父親であるアンドリューは今後、恐らく生活条件の変更を強いられることになると語った。

不運なイギリス人サポーターの兄弟はアンドリューがロシアの過激なサポーターグループに襲われ、重度の脳損傷で昏睡状態にあると説明した。
彼の状態は命に別状はないが、脳の腫れが引くまでの1週間程は昏睡状態が続くという。

この被害者の友人、ジェイ・リケッツは被害に遭ったバチェの資金を集めるためにインターネットでウェブページを作成した。
開始から数時間で既に6,000ユーロ(約71万円)を集めている。
「私はアンドリューに関する情報を多く持たない。彼の兄弟や息子はマルセイユに向かっているところだ。私が知っていることは昏睡状態が脳の腫れを引くのを手伝っているということだけだ。」
リケッツはそのように話した。

■関連記事:EURO乱闘、英と露に警告

■関連記事:仏EURO サポが熾烈な乱闘


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
■リーガ順位表・得点 ランキング

■リーガ最新画像満 載!ギャラリーコーナー