バカンス中のレオ・メッシにバルセロナの裁判所は脱税についての判決を下した。
判決内容はアルゼンチンのスターであるメッシとその父親に対する禁錮21カ月の有罪判決であり、それは家族とバハマで休暇を楽しんでいるメッシを驚かせた。

アルゼンチン代表やスポーツのニュースから離れ、静かに家族との時間を楽しんでいたレオ・メッシにとってはまさに突然の知らせだった。

この突然の知らせを受けたメッシとその家族は最高裁に上告することもできる。
またFCバルセロナは「厳しすぎ、不公平だ。」と表現している。

2年未満の禁錮刑の場合、執行を猶予される慣例があり、メッシと父親が収監されることはない見通しである。しかし、これは裁判官によって決められることである。

問題の代表として公に立ってきたメッシだが、弁護士達が彼らの無実を主張し続けるだろう。