ラ・リーガの会長、ハビエル・テバスは今週月曜日にバレンシアで開催されたリーガのアワードで土曜日のFCバルセロナとバレンシアの一戦で起きた最も重大な出来事はネイマールに当たったボトルの投げつけだったとしたが、続けてバルサの選手達の態度に自身が好まない態度が存在したと語った。

ブラウグラナの数選手に向けた明らかなメッセージだった。
「順序に沿う必要がある。まず第一に最も重大なのはボトルの投げつけだ。それがあの試合で起きた最も重大な事だ。そして、数選手の振る舞いには私の好まないものがあった。」

会長はそれが誰の振る舞いなのか具体的に言及することは望まなかったが、試合終盤の出来事だと話した。
「私が好まない振る舞いは試合終盤に起きた。」

「数年前、既に私はクリスティアーノ・ロナウドのピッチ内での審判への振る舞いをとがめた。選手達が試みるべき事は最大のスポーツマンシップを保つことだ。いくつかの振る舞いはいけ好かないものだった。」

会長は観客を挑発する選手達に対する罰則の制定を検討しているかどうかについて言及することは避け、このように指摘した。
「それは審判が報告書に反映させなければならない事だ。」