ディナモ・キエフのミルチェア・ルチェスク監督は、FCバルセロナに4-0で敗れたことでチャンピオンズリーグのベスト16進出の可能性がなくなったことを嘆き、「バルサの若い選手たち」の方が「優れていた」と語った。

■関連記事:チャンピオンズリーグGS第4節D・キエフ対バルサ 試合詳細

同監督は試合後の記者会見で、「バルセロナやユヴェントスとのグループリーグからの予選突破がいかに難しいかは、最初から分かっていた。我々の戦いがヨーロッパリーグの出場権を得るためのものであることは明らかだった」と述べた。

また、「バルセロナは勝利に値する」ことを認め、「最後まで戦うしかなかった。直接対決で何度も負けたことに憤慨している。カウンターでゴールを逃したことが非常に悔やまれる。バルセロナの若い選手たちの方が、私たちよりも優れていた。とても躍動感があり、意欲的にプレーしていた。今夜、彼らを止めることは不可能だった」と振り返った。

ルチェスク監督は、さらに試合を分析し、「前半は良いプレーができたし、何度かチャンスもあった。もう少し運が良ければ、後半も得点できたかもしれない。しかし、その後バルセロナはレベルの高さを見せた」と言及している。