セルヒオ・アグエロはマンチェスター・シティに加入して以来の最大の目標である「オレホナ」を掲げるために最後の数週間を過ごしている。そして彼は自身の将来について明確な意思を持っているようだ。

ジャーナリストのオリオル・ドメネク氏は、『TV3』の番組「Onze」でクン・アグエロがバルセロナでのプレーを希望していると伝えた。「彼の優先順位は、マンチェスター・シティの同僚にもすでに説明しているように、バルサである。彼はバルサを待ち、今までの給与を減らしてでも来季バルサでプレーすることを望んでいる」

加えてドメネクは「バルサとのコンタクトがあった」ともコメントしており、「クラブは彼の意思を知っている」と付け加えている。

アグエロにはバルセロナをはじめ、インテルやチェルシー、トッテナム、エヴァートンといったプレミアリーグのクラブも関心を寄せているが、果たして...。