来シーズンにネイマールがFCバルセロナに戻ってくる可能性は、回を重ねるごとに強まっている。そして、欧州チャンピオンズリーグの準決勝で敗退した後、パリ・サンジェルマンはアスルグラナのクラブに同選手をそっとしておくように警告した。

『Catalunya Radio』の番組「Tot Costa」は、FCバルセロナに個人的に警告したのはナセル・アル=ケライフィ会長自身であると報じている。しかし、ブラウグラナは、ブラジル人クラックの到着を現実的な選択肢として捉えており、獲得を諦めてはいない。