日本サッカーの成長と、一方で埋めきれない大きなギャップ。その両面が感じられた一戦だった。

 浦和レッズがドルトムントを埼玉スタジアム2002に迎えた「Jリーグワールドチャレンジ」は、序盤からいきなりドルトムントの一方的な展開となった。

「最初の15分が一番きつかった」

 MF柏木陽介がそう振り返ったように、浦和は立ち上がりからドルトムントのプレッシャーに苦しみ、後方に追いやられてしまう。何とか最終ラインでしのぐものの、セカンドボールを拾われて、ふたたびピンチを招く。そんな負のスパイラルに陥った浦和が失点するのは、時間の問題かと思われた。

 それでも徐々に対応力を示し、プレッシャーをかいくぐる場面が増えると、右サイドのMF関根貴大の突破を促して好機を創出。そして24分、その流れから手にしたコーナーキックのチャンスをFW興梠慎三が合わせて先制ゴールを奪取する。番狂わせの予感を十分に漂わせた。

 もちろん、ドルトムントにもエクスキューズがあった。新シーズンが始動してわずか1週間。しかもピーター・ボス監督が就任したばかりとあって、組織的な連係を求めるのは難しい状況にあった。日本に着いたのは前日であり、コンディション面にも大きな不安があった。

 ただし、その状況を踏まえてもなお、浦和は大いに健闘したと思う。

「攻められるのは想定内でしたし、そこで自分たちがどうやって守って、どう攻撃を仕掛けられるかが今日のポイントだった。ただ引いて守るだけではなく、そこから危険な攻撃を仕掛けられたと思う」

 DF槙野智章が振り返ったように、普段のJリーグとは異なる押し込まれる展開のなか、後方でしっかりとしのぎ、プレッシャーをかいくぐり、カウンターや素早いサイド攻撃から多くの決定的な場面を作り出した。一度は逆転されながらもふたたび追いついた粘りも含め、”ドイツの雄”を最後まで追い詰めたその戦いは、Jリーグで不調にあえぐ浦和にとって、後半戦に弾みのつくポジティブな一戦となったのは間違いないだろう。

 一方で、両者には埋めがたいまでの差があったのも事実だ。それは、簡単に言えば個の力だ。その象徴だったのが、華麗な個人技から2ゴールを奪ったFWエムレ・モルだが、この19歳だけでなく、ドルトムントの選手たちはコンディションが悪いなかでも、球際、身体の使い方、一瞬のスピード、あるいは確実に仕留めるフィニッシュワークと、あらゆる局面で浦和にはなかった個人の力の高さを示していた。

 モルにかわされて失点を招いた槙野は「ああいう選手はJリーグにはいないので、今日対戦できたのはよかった。日常的にそのレベルを体感できるヨーロッパでプレーする日本人選手には改めて尊敬の念を抱いたし、Jリーグでプレーする僕らはまだまだ甘いなと思うところもある。僕らも同じ意識をもって毎日やらないといけない」と、期する想いを吐露していた。

 そのヨーロッパで戦う日本人選手――MF香川真司には、残念ながら出場機会は訪れなかった。6月の代表戦での負傷から回復しつつあったものの、大事をとってこの試合は欠場。試合後に取材エリアに現れた香川は「いいスタートをしたかったですが、しょうがない。今はドクターと話し合いながらやっている。このアジアツアーが終わって2次キャンプあたりで部分合流できたらと思います」と、復帰時期のめどを語っている。

 昨季は香川にとって不遇のシーズンだった。とりわけ前半戦は出場機会が限られ、目立った活躍を示せず。シーズン終盤にパフォーマンスを取り戻し、ドイツカップ優勝に貢献したものの、リーグ戦ではわずかに1得点と到底納得のいかない数字にとどまった。

 今季は日本でもプレーした経験のあるボス監督が新たな指揮官となり、再起をかけるシーズンとなるが、故障の影響で出遅れることとなった。

 この日のドルトムントは4−3−3の布陣で臨み、香川のポジションとなることが予想されるインサイドハーフの位置にはMFセバスティアン・ローデとMFゴンサロ・カストロが入っていた。また、2ゴールを奪ったモルもこのポジションが主戦場となると見られ、同じくインサイドハーフでのプレーが濃厚なMFマリオ・ゲッツェも病気から復活し、途中からピッチに立っている。今後の補強の可能性も否定できず、あるいは若手の台頭も含め、ポジション争いはますます熾烈を極めるだろう。

 それでも香川に焦りは見られない。むしろその口ぶりには、余裕すら漂っていた。

「今日の試合は自分に当てはめながら見ていました。前半は相手も引いていたので、なかなか前のスペースがなくて渋滞したのかなと。出し入れだったり、降りてくる必要性もあったと思う。そういうものを自分は意識してやっていきたい」

 確かに押し込みながらも最後の場面を崩し切れないドルトムントの攻撃は、いわば単調で、バイタルエリアで違いを生み出せる香川の存在があれば……と思わせるシーンも少なくなかった。他の選手にはない自分なりの特長を生かせた試合だったと、香川は判断したのだろう。

 また、強烈なインパクトを示したモルについては「持っているものは素晴らしい」と評価しつつ、「若い選手がたくさんいるので、彼らを生かしながら、僕は経験者の立場としてやっていかないといけない。しっかりと融合できれば、うまく戦っていけると思う」と、年長者としての貫禄を示す。

「自分が中心になってやっていかないといけない」

 そう語る香川には、経験に裏打ちされた確かな自信が備わっていた。

 2010年に海を渡り、欧州では今季が8シーズン目。ドルトムントでは通算6シーズン目となる。今年で28歳、すでにクラブでは古参となった香川は、若いチームを牽引する立場を担っている。個人よりもチームのことを。自分が生かされるよりも、周りを生かすことを――。そうした意識が備わるのも、ヨーロッパで培われた経験と自信があるからだろう。

 クラブだけではなく、日本代表としても、8月にはワールドカップアジア予選が最終局面を迎え、翌年のワールドカップにつながる1年にもなる。

 香川真司にとって、サッカー人生のひとつの集大成となる重要なシーズンが幕を開ける。