ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今週から夏の新潟開催がスタートします。例年、学校などの夏休みが始まる時期と重なることもあって、福島から新潟に舞台が移ると、「本格的に夏競馬が始まったな」という感じがしますね。

 開幕週の重賞は、今年で17回目を迎えるアイビスサマーダッシュ(7月30日/新潟・芝1000m)。ご存知のとおり、国内で唯一の直線・芝1000mコースで行なわれる、新潟開催の”名物重賞”です。

 僕は現役のとき、カルストンライトオでこのレースを2回勝たせてもらっています。最初に勝ったときの53秒7という時計は、今でもレコードとして残っています。

 当時、アイビスSDは8月の盆休みの頃に行なわれていました。しかも、夏の新潟は8週開催で、同レースが行なわれたのは6週目。馬場も結構荒れてきていました。現在は開幕週に行なわれているため、いつレコードが塗り替えられてもおかしくありませんが、いまだに破られていないということは、騎乗していたイメージどおり、カルストンライトオは本当に速かった、ということですね。

 さて、直線の芝1000m、いわゆる”千直”で行なわれるこのレース。コース自体は非常にシンプルですが、意外と奥が深く、駆け引きが必要な舞台です。

 まずはスタート。ゴールまでの距離が短いため、やはりゲート(出足のよさ)とダッシュ力は不可欠です。ゲートが苦手な馬は基本的に使ってこないと思いますが、出遅れは本当に致命的です。

 また、逆に好スタートを切れることは大きなアドバンテージになります。そのため、僕も現役時代は、千直のレースに騎乗するときだけは、いつもと違う御(ぎょ)し方でスタートしていました。

 同様に、好位置を取るために大事なのがダッシュ力。仮に千直では不利と言われる内枠に入った馬でも、ゲートがよくて、ダッシュ力があれば、スタート後にいい位置を確保することができますからね。

 そして、何より重要なのは、道中のタメ。1000mという距離は、競走馬がひと息で走れる距離ではありません。どこかで息を入れなければ、終(しま)いが甘くなります。

 1200mのレースで、好スタートを切って逃げながらも、最後は止まってしまう馬を見て、「1000mなら持つのでは?」と考える方がいると思いますが、それは1000mのレースであっても同じ。息が入らなければ、最後は止まります。逆に、千直のほうがテンに速い分、よりシビアな競馬を強いられることになるでしょう。

 直線のレースとはいえ、コース取りにも大きな駆け引きがあって、レースの行方を左右するポイントです。外枠有利と言われますが、展開によっては、それが逆に不利になる場合もありますからね。

 本当にコースはシンプルですが、乗るのは意外と難しいのが千直なんです。

 そんな舞台で行なわれるアイビスSD。今年のメンバーで人気になりそうなのは、昨年2着のネロ(牡6歳)でしょうか。千直は5回走って、2勝、2着3回と連対率は100%。出走馬の中で重賞勝ち馬は3頭しかいませんが、その1頭であり、中間の調教でも抜群の時計を連発していますからね。

 ただ今回は、負担重量が最大の58kg。前述したとおり、千直ではスタートダッシュが重要なファクターのひとつです。斤量が重いと、自然とダッシュ力は鈍ります。たった1kgでも大きく変わるのですが、昨年よりも2kgも重くなって、他馬と比べてもその差は大きいです。もともと、ゲートはそれほど速いほうではありませんし、少なからず不安を感じてしまいますね。

 今年のメンバーの中で僕が注目しているのは、このレースの前哨戦とも言える韋駄天S(5月21日/新潟・芝1000m)を快勝したフィドゥーシア(牝5歳)と、初めての千直参戦となりますが、メンバー中、唯一の重賞2勝馬となるアクティブミノル(牡5歳)です。

 フィドゥーシアについては、2走前の春雷S(4月16日/中山・芝1200m)を勝ったときに、そのレースぶりから「千直が合いそうだな」と思ったんです。

 好スタートからダッシュよく、一瞬先頭に立ちましたが、内からラズールリッキーがハナを主張してくると、スッと控えて2番手で折り合って、しっかりとタメを作っていました。4コーナーを回るところでは先頭に並びかけ、直線の急坂も勢いが衰えることなく、そのまま押し切りました。まさに千直で必要なファクターを持ち合わせていますよね。

 そして実際、前走の韋駄天Sを完勝。千直適性の高さを見せてくれました。鞍上も、前走と同じ石橋脩騎手。いいイメージを持って騎乗できるのではないでしょうか。

 一方のアクティブミノル。重賞2勝とはいえ、その実績は数年前の、2歳夏と3歳9月のときのもの。以降、結果は残せていません。それでも、昨年はGI高松宮記念(中京・芝1200m)でも4着と好走するなど、それなりの走りを見せて、脚力の衰えを感じることはありませんでした。

 問題は、気性面にあったのではないでしょうか。現に、前走のGIII CBC賞(7月2日/中京・芝1200m)では初めてブリンカーをつけて、その効果があってか、ゴール寸前まで粘って3着入線を果たしました。好調時の走りに近かったと思います。

 もともとスピード能力は高い馬。あとは、その持続力に課題があったと思うので、それが解消されたとなれば、今回は有力視していいでしょう。

 馬自身は初の千直でも、鞍上はこのレースを勝ったことのある酒井学騎手。勝ち方を知っているので、心配はないと思います。逃げ馬にとって絶好の大外枠を引きましたし、楽しみな1頭です。

 ところで、千直の競馬においてはもうひとつ、個人的に思うことがあります。それは、1200m戦などに比べると、クラスの壁が低く感じることです。

 通常は重賞ともなると、格下(条件馬)が格上挑戦してきた場合、相当厳しいレースを強いられます。しかし、このコースでは意外と格下馬が好走するケースが多いと思うんですよね。それは、クラスの壁よりも千直適性のほうが、重要度が高いからだと思います。

 事実、一昨年2着に入ったシンボリディスコや、2013年3着のリトルゲルダ、さらには2010年の勝ち馬ケイティラブや、2006年のレースを制したサチノスイーティーなど、条件馬が格上挑戦で結果を出しています。ちなみに、2006年に僕が騎乗して2着となったマリンフェスタも、1000万条件と2階級下の条件馬でした。

 そこで、今年も条件馬に注目。レッドラウダ(牡4歳)を「ヒモ穴馬」に取り上げたいと思います。


穴は千直適性の高いレッドラウダ

 明け4歳馬となるレッドラウダはクラス再編成によって、今は1000万条件の身。ただ、それは形式的なことで、ここ最近はずっとオープンで戦っていて、まったく格下感がありません。それもあって、あえて格上挑戦してくるのだと思いますが、陣営はそれ以上に、同馬の千直適性の高さを買っているのでしょう。

 振り返れば、この馬の準オープン勝ちも格上挑戦。同じ千直のレースでした。おそらく、初めて千直に挑戦した驀進特別(1000万条件)で2着となって適性の高さを感じ、その後は千直の番組に合わせてレースを選んできたのでしょう。そうして、最終的には千直では唯一の重賞であるココが、最大の目標になったと思います。

 取りこぼしもあって格上挑戦という形になりましたが、陣営の青写真どおりに目標レースに臨むことができたように思えてなりません。馬券対象内に入ってくる可能性は大いにあるのではないでしょうか。

大西直宏オフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。



■競馬 記事一覧>>