8月7日に開幕する第99回全国高校野球選手権。今大会の見どころについて、優勝候補に挙げられる強豪校をいつもとは別の視点で紹介したい。

 重視するのは、監督のスタイルだ。選手は毎年入れ替わるが、監督は変わらない。どんなサインを出して、どう采配するのか。基本的には、これらはすべて監督が責任を負っている。そこに監督の好みやカラーが出ないわけがない。過去の試合を振り返れば、監督の性格や、やりたい野球がおのずと浮かび上がってくる。

 まずは、史上初となる2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭。甲子園通算42勝8敗を誇る西谷浩一監督は、ファーストストライクから常にフルスイングすることを選手に求める。そのためか、先攻の方が分がよく21勝2敗。後攻では21勝6敗だ。先制点を挙げると29勝4敗と強いのは当然だが、大阪桐蔭が突出しているのは先制されても13勝4敗と強いこと。大阪桐蔭相手にリードして逃げる相手チームにかかる重圧の大きさを表している。

 また、番狂わせが起こりやすいと言われる初戦と決勝に強く、どちらも無敗(初戦13勝0敗、決勝4勝0敗)。まさに死角なしの絶対王者といえる。

 唯一の弱点といえるのは、守備面でビッグイニングをつくられることが多いこと。センバツでは2回戦の静岡戦で初回に6失点(11対8で勝利)。今夏も大阪大会決勝の大冠戦で3回と9回の2度、4失点している(10対8で勝利)。

 今夏の大阪大会8試合で24失点は西谷監督になってからの甲子園出場チームでは最多(過去最多は森友哉が3年生時の7試合14失点)。チーム打率.399は西谷監督になってから2位(過去最高は平田良介が3年生時の.449)と打線は得点力抜群のため、春夏連覇へは守備時のビッグイニングの有無が大きなカギになるだろう。

 3季連続4強の秀岳館(熊本)も甲子園での安定した戦いぶりが目につく。鍛治舎巧監督は甲子園通算9勝3敗。昨春は全試合後攻だったように基本的には後攻型だが、先攻で3勝1敗、後攻で6勝2敗とどちらでも同じ勝率をマークしている。

 先制点を挙げると6勝0敗と負けなし。先制されると3勝3敗だが、それでも五分をキープしている。秀岳館でカギとなるのは、終盤7、8、9回の攻撃だ。

 昨夏は4試合19得点のうち、終盤での得点が12点を占めた。今夏の熊本大会決勝の九州学院戦も1対1で迎えた9回表に2点を挙げての勝利。相手は、秀岳館の最後の3イニングの攻撃に耐えられるか。今回は140キロ台後半の速球派・川端健斗、熊本大会5試合無失点の安定感ある田浦文丸という強力な左腕二枚を擁していることも、相手に重圧を与える要因になる。

 夏連覇を狙う作新学院(栃木)は7年連続出場となった。例年通り、夏に仕上げてきた印象がある。小針崇宏監督は甲子園通算17勝8敗。25試合のうち21試合が先攻と、完全な先攻型だ(先攻では14勝7敗、後攻では3勝1敗)。

 先攻で先制点を奪う展開を得意の勝ちパターンにしているため、注目したいのが初回の攻撃。甲子園では13年夏から14年夏にかけて4試合連続で初回に得点している。先制点を挙げると12勝3敗、先制されると5勝5敗のため、初回の攻撃が最大のカギといっても過言ではない。

 ちなみに、今夏もチーム打率.393の強打線だが、栃木大会の三振32は小針監督になってから最多、四死球26は最少で、例年より選球眼はないといえる。相手からすれば、ボール球をうまく使えるかがポイントになりそうだ。

 昨夏4強の明徳義塾(高知)は8年連続出場。馬淵史郎監督は甲子園通算48勝29敗と50勝の大台が目前に迫る。馬淵監督は守りを重視するだけに後攻型。先攻では17勝13敗とわずかな勝ち越しだが、後攻では31勝16敗と大きく勝ち越している。

 守りからリズムをつかみ、そこから犠打を使った手堅い野球で得点し逃げ切る。先制したときは35勝9敗と無類の強さを発揮する。

 一方で先制されると13勝20敗と大きく負け越している。守りのチームで接戦に強いイメージがあるが、1点差ゲームは13勝12敗、2点差ゲームは4勝5敗、延長戦は4勝6敗と印象ほどの数字は残していない。

 準優勝した2年前の再現を狙う仙台育英(宮城)の佐々木順一朗監督は甲子園通算26勝18敗。先攻で15勝8敗、後攻で11勝10敗と先攻を得意にしている。

 準優勝した15年夏も1回戦から準決勝までは先攻で勝ち進んだが、唯一の後攻となった決勝は敗れた。先攻型だけに先制点を挙げると20勝6敗。逆に先制されると6勝12敗と大きく負け越しており、対戦校にとっては先制できるかどうかが大きなカギとなる。

 過去4度ベスト8の聖光学院(福島)は、戦後最多となる11年連続出場。悲願の4強以上を狙う。斎藤智也監督は甲子園通算20勝17敗。先攻は8勝7敗、後攻も12勝10敗とどちらもしぶとい戦いを見せている。先制点を挙げると13勝7敗、先制されると7勝10敗だが、夏に限ると先制されても7勝6敗と勝ち越し。強豪らしからぬ泥臭さで粘り強く戦う。

 泥臭さはスコアにも表れ、1点差ゲームで7勝4敗、2点差ゲームで4勝2敗、3点差ゲームで3勝1敗と接戦に強さを発揮する。カギは7回の守り。春夏合計37試合で7回に失点したのは6試合だけだが、その6試合はすべて敗れている。

 平元銀次郎、中村奨成の高校日本代表候補バッテリーを擁して評判の高い広陵(広島)の中井哲之監督は甲子園通算27勝13敗。先攻が28試合、後攻が12試合と先攻型だが、成績は先攻19勝9敗、後攻8勝4敗とどちらでも強さを発揮している。先制点を挙げると20勝5敗、先制されても7勝8敗と5割近い数字を残している。

 清水達也、西川愛也と投打にプロ注目選手を擁する花咲徳栄(埼玉)の岩井敬監督は、甲子園通算8勝8敗1分。先攻で4勝5敗、後攻で4勝3敗だが、一昨年から先攻型に変更。15年春以降の甲子園7試合中6試合が先攻。今夏の埼玉大会も4回戦以降の5試合はすべて先攻だった。先制点を挙げると5勝2敗、先制されると3勝6敗。先攻で先制点が勝ちパターンだ。

 140キロ以上の速球を持つ投手が4人いる前橋育英(群馬)の荒井直樹監督は甲子園通算7勝3敗。先攻で3勝2敗、後攻で4勝1敗とどちらも勝ち越しているが、先制点を挙げると5勝0敗、先制されると2勝3敗。守りでリズムを作ってから先制点が勝ちパターンになる。

 この他の注目校では、横浜(神奈川)、中京大中京(愛知)などが挙げられるが、横浜・平田徹監督、中京大中京・高橋源一郎監督はともに2度目の甲子園。全国大会での戦い方の傾向が出るには試合数が少なく、もうしばらくの時間が必要だ。

 ただ、横浜は神奈川大会で昨夏14本塁打、今夏も増田珠の5本塁打を筆頭に合計14本塁打をマーク。渡辺元智監督、小倉清一郎コーチがコンビを組んで夏の甲子園に出場したのは10度あるが(94〜13年)、最多はセンバツで優勝した06年夏の10本。08、11年には0本だったことを考えれば、大きく増えている。

 一方で、三振は昨夏25個、今夏49個。渡辺・小倉体制では最多でも01年の25個だったのと比較するとかなり多くなっている。のびのび打たせることで長打は増えたが、その分、粗さが目立つようになった。同じ横浜でも、野球は変わっている。

 今大会にも出場する、甲子園通算63勝32敗の智弁和歌山・高嶋仁監督は、智弁和歌山に移ってからの85試合で先攻が58試合(39勝19敗)、後攻が27試合(17勝10敗)と完全な先攻型だ。高嶋監督が先攻を取るようになったきっかけは、まだ智弁学園の監督だった1976年の秋の近畿大会。

「県和歌山商とやって、2対0でずーっといった。2対0で終わっとったら県和商も甲子園に出れとった。それが、9回表にウチが3点取って5対0になったことで、『一方的な試合』とセンバツに出れんようになってしまったんです。ウチが後攻なら9回裏の攻撃がないから2対0のままやった。逆に考えれば、先攻なら、勝っても負けても9回打てるわけ。これはやっぱり大きい。そこから先攻の方がええなと思うようになりました。先に点も取れますしね」

 取手二、常総学院(茨城)で全国優勝3度の木内幸男監督はこう言っていた。

「まず、じゃんけんから始まんだよ。監督にはプランがあっから」

 ときには散歩をしながら、ときにはサウナに入りながら、試合前からあらゆる展開を予測してプランを立てるのが監督だという。プラン通りに進めばいいが、その通りにいかないときこそ大きな知恵の見せどころ。劣勢に立たされたときに、どんな作戦を採るのか。そこには必ず性格が出る。先攻、後攻の選択から、監督のプランや性格、さらには心の中を読みながら試合を観る。それもまた、高校野球の面白さなのだ。