痛快極まりない首位叩きだった。

 J1第21節、清水エスパルスvsセレッソ大阪。消化試合数に差があるため、暫定の順位とはいえ、前節終了時点で首位に立つセレッソが、前半のうちにセットプレーで効率よく2点を奪ったときには、早くも勝負あったかに思われた。

 ところが後半、首位セレッソに勝ち点22差をつけられ、12位に低迷する清水が3点を奪い返す。1点を返すごとにボルテージが上がるホームの大声援に後押しされ、攻勢に試合を進めた末の大逆転勝利だった。

「前半のゲーム運びは、中盤を取れていた(支配できていた)ので悪くはなかった」

 清水の小林伸二監督がそう振り返ったように、2点のビハインドで試合を折り返したとはいえ、内容的に言えば、むしろ清水がセレッソを上回っていた。

 セレッソはボールを保持することはできても、清水陣内に入るとノッキングが目立った。事実、流れのなかからほとんどチャンスは生まれていない。対して、清水は中盤でボールを奪うと、テンポよくパスをつなぎ、セレッソゴールに迫っていた。

 にもかかわらず、前半のスコアは0−2。小林監督が続ける。

「せっかくアタッキングサードまでボールを丁寧に運んでも、そこからノーリスクでプレーしてしまう。そこでボールを失っても怖くない(カウンターを受ける心配はない)のだから、もっとリスクを負って攻めればいいのに、安全なところにばかりポジションを取るから相手も守りやすい。ハーフタイムに、選手には『もっと勇気を出してやろう』と話した」

 こうして、後半に演じられることになった大逆転劇。先鋒役を務めたのは左サイドのふたり、20歳のDF松原后(こう)と22歳のMF金子翔太だった。

 松原と金子は、指揮官が不満をもらした前半から、果敢な仕掛けが目立っていた。初動のタイミングだけを計ったら、あとはスピードで突き進む松原に対し、常に相手の動きを見て、巧みに緩急を使い分けて進む金子。タイプはまったく異なるものの、ふたりのドリブル突破は、清水の攻撃にゴール方向への推進力を与えていた。何かが起きそうな雰囲気は、左サイドでプンプンと漂っていた。

 迎えた49分、左サイドでパスを受けた松原が、ドリブルで強引にペナルティーエリア内に割って入ったところを倒され、PKを得る。これを51分、金子がゴール左スミに落ち着いて決め、1−2。反撃の狼煙(のろし)は上がった。

 左サイドでチャンスを作り出すふたりに続いたのは、21歳のFW北川航也である。


2ゴールを挙げて、チームの勝利に貢献した北川航也(右)

 前半の北川は、敵陣でせっかく前を向ける状況でボールを受けても、消極的なパスの選択が目立った。だが、松原と金子によってもたらされた1点目に触発されるように、後半はストライカーらしいゴールへの執着を見せる。

 60分、右サイドからのスローインをペナルティーエリア内で受けると、右足アウトサイドのファーストタッチで時計回りに右ターン。マークする相手DFを鮮やかに振り切り、左足で同点ゴールを叩き込んだ。

 そして試合は、73分にクライマックスを迎える。

 左サイドMFの金子が内側へ絞った位置にポジションを取り、バイタルエリアで縦パスを受けると、一瞬のタメを作って左サイドへパス。金子が空けたスペースへ走り込んできた松原がこれを受け、低く速いクロスを送った。

 ゴール前に入ってきたのは、またしても北川である。今季初得点で気をよくしていた新鋭FWの選択は、クロスに対してシンプルに左足を振り抜くでもなく、トラップしてシュートコースを作るでもなく、意表を突く左足のヒールキック。金子のパスから生まれた松原の高速クロスは、北川の軽やかなボールタッチで軌道を変え、ゴール右スミに転がり込んだ。

「もう1回やれ、と言われたら入るかどうかわからない。(自分だけでなく)みんなのゴール。うまく流し込めてよかった」

 殊勲の背番号23が自らそう認めるスーパーゴールによって、セレッソを首位から引きずり下ろす痛快な大逆転劇は完結した。

 前半の戦いぶりを振り返り、苦言を呈した小林監督も、左サイドについては「前半からよかった」。ただし、「問題は精度だった」。そんな”鬼教官”も「(松原)后のボールもよかったし、(北川が)迷わず触ったのがよかった」と称える、あまりに見事な逆転ゴールだった。

 実のところ、この日の清水の台所事情は火の車だった。主力選手にケガや出場停止が相次ぎ、控えも含めた登録メンバー18名をそろえるのもひと苦労。リーグ戦出場経験のない2種登録(ユース所属)の2選手(FW滝裕太、FW平墳迅)を加えて、ようやく頭数がそろう状態だったのだ。

 そんな緊急事態とも言うべき苦しい状況下にあって、それも首位を相手に2点をリードされる展開になりながら、今季リーグ戦初先発の北川ら、若手が堂々たる活躍を見せて勝ち点3を手にしたのだから、単なる1勝以上の価値があると言っていい。

 1995年生まれの金子、1996年生まれの松原と北川。彼らのような若手の台頭は、J1残留がかかる今季の残り試合はもちろん、来季以降の”清水の未来”をも明るく照らす。シーズン終了後(あるいは、もっと先)に今季を振り返ったとき、このセレッソ戦は重要なターニングポイントとして語られる試合になるのかもしれない。

 清水はこの貴重な勝ち点3により、勝ち点を25に伸ばした。順位こそ12位のまま変わらなかったが、降格圏の16位大宮アルディージャ(勝ち点16)との勝ち点差は9まで広がった。しかも、ホームではこれで3連勝。今季J1復帰を果たしたばかりの清水は、サポーターの力を借りながら、J1残留という現実的な目標の達成へ着実に歩を進めている。

 とはいえ、百戦錬磨の指揮官は、劇的な勝利に浮かれるどころか、さしたる喜びの感情さえ見せず、手綱を引き締めることを忘れない。「(今季)初めての逆転勝ち。よくがんばってくれた。(勝因は)0−2になっても、向こう(のペース)に合わせなかったこと。メンタル的に戦ったことが一番大きい。セレッソが油断したスキに入り込めた」と褒め言葉を口にする一方で、試合を振り返って強調したのは、むしろ苦言のほうだった。

「追い込まれると出せるのだから力はある。それをどうすれば0−0のときから出せるようになるのか。(1試合のなかだけでなく)リーグ戦全体で考えても、(シーズン終盤になって力を出すのではなく)今の時期に勝ち点を稼いでおくと、最後にリラックスして戦えるし、上位も狙える。火がついてからやるのではなく、もう少し怖がらずに勇気を出してやらなければいけない」

 今季初ゴールを含む2得点でチームに勝利をもたらした北川も、「今まで期待される一方で、結果を出せていなかった。(この試合だけでなく)これを続けないと意味がない」。自身が置かれている立場、求められているものをよく理解している。

 勇躍する若手に引っ張られるようにして、清水が見せた未来への可能性。それも厳しい要求があればこそ、である。

■Jリーグ 記事一覧>>