空手界に朗報が届いたのは2016年8月のことだった。五輪開幕直前のリオデジャネイロで行なわれたIOC(国際オリンピック委員会)総会で、野球・ソフトボール、サーフィン、スケートボード、スポーツクライミングとともに、2020年東京五輪限定での追加種目に認定されたのだ。

 早朝の東京・日本空手道会館には関係者や選手が集まって、多くの報道陣とともに総会の中継映像を固唾を飲んで見守り、リアルタイムで歓喜の瞬間を迎えた。栗原茂夫全日本空手連盟副会長は「あとから嬉しさがきたよね」と、長年の努力の結実をかみしめた。

 五輪と空手との関わりは約30年前にさかのぼる。1985年、当時の世界空手連合がIOC から加盟の承認を受ける。その後、流派の違いによる団体間のトラブルによりIOCから外れることもあったが、1991年にIOCから再承認を受けると、2005 年に初めて北京五輪の種目を目指して立候補した。その北京五輪と続くロンドン五輪、リオ五輪では採用されず、ようやく東京五輪で悲願成就。世界的には柔道をしのぐ競技人口を持つとも言われる空手にとって、歴史的な出来事だった。

 空手の主要な国際大会といえば、まずは2年ごとに行なわれる世界選手権が挙げられる。次いで4年ごとに行なわれる非五輪種目の国際総合競技大会、ワールドゲームズ。また、世界空手連盟(WKF)が主催する、世界を転戦するツアー形式の「karate1プレミアリーグ」(2017年は5大会)も重要な大会のひとつだ。 

 今年に限れば、最も大きな大会は7月にポーランドのヴロツワフで行なわれたワールドゲームズ。日本から7選手が出場し、金メダル4、銀メダル2、銅メダル1と、全員がメダルを獲得する活躍を見せた。

 ワールドゲームズでは、本番である東京五輪に近い試合方式が採用された。1階級8人(五輪では10人)が2組に分かれて総当たりのリーグ戦を行ない、各組上位2人ずつがトーナメントで戦う方式だ。「総当たりをやってトーナメントやって、イメージとしては(五輪は)こんな感じになるのかなと思っています」と林晃監督が言うように、日本チームは勝負以外にも、本番のイメージをつかむという明確な目的を持ってこの大会に臨んでいた。

 ワールドゲームズでのメダル獲得数からわかるように、現在、日本は強豪国の筆頭に挙げられる。特に「形(かた)」は、男子の喜友名(きゆな)諒、女子の清水希容(きよう)がともに世界選手権で2連覇中。ワールドゲームズでも圧倒的な強さで優勝している。

「形」は1人ずつ演武を行なって、5人のジャッジが旗をどちらに上げるかを競う。喜友名は全ての試合で5本の旗を取って完勝。清水も1次リーグでスペインの選手との試合で2本の旗を取られ、同じ選手と対戦した決勝で1本の旗を取られただけだった。

 とはいえ、彼らが背負うのは単なる勝負を超えたものだ。清水が説明する。

「形というのは日本発祥の伝統のものなので、ひとつでも負けると日本の傷にもなる。だから私たちはそこを守っていかなきゃいけない責任があるんです。海外に出るからには日本人としては負けてはいけないというのが常にある。日の丸を背負う以上、その気持ちはいつも忘れずに臨んでいます」

 もちろん目指すのは東京五輪での金メダルであるが、国内での代表争いも熾烈を極める。「日本はレベルが高いので、国内で常にトップであり続ければ、世界でもいけると思います」と、喜友名は語る。

 一方、もうひとつの「組手(くみて)」は少々事情が異なる。

 組手は男女それぞれ体重別の5階級で行なわれる。昨年の世界選手権では、男子84キロ級の荒賀龍太郎と女子68キロ超級の植草歩の2人が金メダルを獲得。女子50キロ級で宮原美穂が銀メダルを、55キロ級では山田沙羅が銅メダルを獲得している。過去の実績をもとにWKFが出場選手を推薦するワールドゲームズには、荒賀、植草、宮原に加えて、男子84キロ超級の香川幸允と女子68キロ級の染谷香予の5選手が出場した。つまり、残る5階級では推薦を受けられなかったということになる。

 ワールドゲームズで2連覇を果たした植草歩は日本の現状を次のように語る。

「いつも日本は形では勝つのですが、組手は1位が全体の中にひとり、ふたりという感じです。アジアの国々がとても強いので、その中でみんなが切磋琢磨していくことで、競技のレベルが上がっていくと思う。そこが素晴らしいことだと思うし、自分もがんばらなきゃいけないと思います」

 圧倒的な成績を誇る植草にしても、昨年の日本選手権も含め、耐えながら隙を狙う展開の中での勝利が多く、ワールドゲームズで優勝した後も、「いつもああいう感じの試合で……。もっとかっこいい、強い試合をしたいんですけど、自分に合ってないというか、なかなかそういう試合ができなくて。まあ、その中でも、自分なりの勝ち方でいいかなとも思うけど」と、複雑な表情を見せた。

 男子84キロ級世界選手権王者で、前回覇者でもある荒賀龍太郎が決勝で敗れ、銀メダルに終わったのは想定外だったが、84キロ超級の香川は初出場で初優勝を果たした。また、宮原は銀メダル、染谷は銅メダルを獲得している。

 林監督はワールドゲームズでの戦いをこう総括した。

「(決勝で敗れた)荒賀は非常に悔しかったけれど、最後に植草と香川が続けて勝ってくれてホッとしています。最重量クラスは世界大会では久々の優勝だと思います。そういう意味では香川の優勝は本当に嬉しいですね。オリンピックを3年後にひかえている中で、出てくれた選手は精一杯活躍してくれたので、オリンピックにもつながるような戦いができたと思っています」

 東京五輪では組手の男女各5階級が、3階級にまで絞られる。日本には各階級で開催国枠が与えられる見込みではあるが、階級が減ることで国内の争いは本番以上の厳しさになるだろう。また、来年からは前述の「karate1プレミアリーグ」を転戦することでポイントを稼ぎ、それが五輪出場につながる新システムも始まる。五輪種目になったことで注目度も上昇し、これまで空手界が経験したことのない日々が待ち受けている。

 林監督は熱と期待を込めて2020年を見据えていた。

「空手は日本発祥の武道です。五輪では8種目ともメインポールに日の丸を掲げようということで強化しています。やはり最大の目標はオリンピックで金メダルを8個取って伝説となること。そういう夢を持ってやっています。そう簡単にはいかないと思いますけど、日本の皆さんに喜んでもらうとともに、空手の素晴らしさを世界に知ってもらう。夢と感動を少しでも与えられるような空手を見せられたら、それ以上のことはないと思っています」

 五輪本番での野望を胸に、熱い戦いがスタートしている。