今週末8月13日に新潟で行なわれるGIII関屋記念(芝1600m)は3歳以上による重賞。別定戦であることから、夏の重賞にしては波乱が少なく、過去10年、1番人気馬は3勝、2着3回とまずまずの成績。10番人気以下の人気薄馬も3着が3回あるだけと、それほど大荒れはしないレースである。そういった傾向を頭に入れつつ、分析してみよう。

 メートルダール(牡4歳/美浦・戸田博文厩舎)は前走の多摩川S(1600万下、6月11日/東京・芝1600m)を勝って勢いに乗る1頭。2走前のGIII新潟大賞典(5月7日/新潟・芝2000m)でも0秒3差の3着に入り、コース適性も示している。前走は初の1600m戦だったが、出遅れ気味のスタートから外を回って、早めに先頭に立つというやや強引な競馬で押し切っており、着差以上の強さを感じさせた。

 父ゼンノロブロイ産駒は過去約5年の新潟・芝1600m成績で6位となる5勝、2着5回の成績を残しており、比較的得意といえる条件だ。鞍上のミルコ・デムーロ騎手はこの馬とのコンビで2戦2勝と、騎手も好相性。馬自身も13戦して[5-1-5-2]で、最低着順が6着という安定しているタイプなので、上位争いは必至だろう。軸馬に最適の存在だ。


重賞連勝となるか、ウインガニオン

 ウインガニオン(牡5歳/栗東・西園正都厩舎)はGIII中京記念(7月23日/中京・芝1600m)を2馬身半差で圧勝しての参戦。同じ左回りの芝1600m戦ということで、今回も人気を集めるだろう。しかし、中京記念からここに臨んだ馬は過去にのべ36頭を数えるが、勝利しているのは2頭のみ。その2頭は中京記念2番人気8着だった2014年クラレントと、同じく中京記念2番人気8着だった2015年レッドアリオンの2頭。中京記念勝ち馬は2013年フラガラッハ、2015年スマートオリオンと2頭が参戦しているが、それぞれ5番人気10着、4番人気11着と大敗を喫している。それにとどまらず、中京記念で3着以内に入った馬は、関屋記念では1頭も馬券に絡んでいないのだ。2つのレースは直結しない、とはっきり言っていいだろう。今回はマルターズアポジーやマイネルハニーなど、強力な逃げ先行タイプも多く、展開が厳しくなりそうなこともあり、あまり信頼は置けない。

 むしろ中京記念組では5着だったダノンリバティ(牡5歳/栗東・音無秀孝厩舎)に注目だ。昨年も同じく中京記念5着からの参戦で、関屋記念はクビ差の2着。昨年は年明け5戦目だったが、今年は3戦目とフレッシュな状態で出走できるのも好材料だ。新潟芝コースは3戦して1勝、2着2回と連対率100%。2走前のOP谷川岳S(4月30日/新潟・芝1600m)は3番人気で出走し、12番人気ウインガニオンのクビ差2着だった。今回は人気関係も逆転し、より気楽な立場で迎えられるだろうし、この馬も大崩れは考えにくい。叔父にダートGI9勝のヴァーミリアンがいる。良血開花なるか。

 ロードクエスト(牡4歳/美浦・小島茂之厩舎)は同コースで行なわれた2015年GIII新潟2歳S(新潟・芝1600m)を4馬身差で圧勝した馬。その勝ちっぷりから、3歳時にはGIレースでの活躍が期待されたが、皐月賞8着、NHKマイルC2着、日本ダービー11着と勝ち切れずに終わっている。昨秋にGIII京成杯オータムH(中山・芝1600m)を制し、今年は前走のOPパラダイスS(6月25日/東京・芝1400m)で5着に敗れての参戦となるが、ひと叩きの効果はあるようだ。あっさり勝ってもおかしくない実力馬だけに抑えておきたい。


 その他、2014年のGI朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)の勝ち馬ダノンプラチナ(牡5歳/栗東・国枝栄厩舎)、昨年の勝ち馬ヤングマンパワー(牡5歳/美浦・手塚貴久厩舎)、中京記念1番人気3着のブラックムーン(牡5歳/栗東・西浦勝一厩舎)など、注目すべき実力馬が揃っているが、筆者はメートルダールとダノンリバティを中心に馬券を組み立てる予定だ。

 最後に、過去10年の傾向で外枠の馬の好成績が目立つので、改めて、コース改修が行なわれた2001年以降過去16回の成績を調べてみた。すると、1枠から5枠で計5勝に対し、7枠が6勝、8枠が5勝と、かなり偏った傾向が出ている。外枠有利は新潟コース全般的に言える傾向でもあるが、注目馬の枠順は気にかけておきたい。

■競馬 記事一覧>>