「鳥栖は優勝する下地が整った」

 マッシモ・フィッカデンティ監督のもと、8位で終えた2017年シーズンを、地元メディアはそう伝えている。

 リーグ終盤、サガン鳥栖は新戦力がチームにフィットし、機能し始めた。今年3月に入団して圧倒的な存在感を放つ元コロンビア代表、ビクトル・イバルボの1トップを軸にした4−3−2−1というシステムが定着。シーズン半ばに鎌田大地を失った(フランクフルトへ移籍)ものの、災い転じて福となした。
 
 フィッカデンティ・鳥栖は初優勝に向け、準備が整ったのか?

 鳥栖が最も優勝に近づいたのは、2014年8月だろう。第18節終了段階で首位に立っていた。当時、チームを率いていたのは尹晶煥(ユン・ジョンファン)監督。だが、理由は判然としないまま、解任されることになった。尹体制は2011年にJ1昇格を遂げ、2012年には5位に躍進。2013年は12位に低迷したが、2014年は戦うスタイルを確立し、実績を重ねつつあった。

「ハードワークと献身」

 言葉にするとあまりに陳腐だが、それを武器とするまで極めていった。「蹴って走るサッカー」と揶揄(やゆ)する声もあったが、それだけでJ1上位には入れない。パス練習でも、ディテールを突き詰めていった。距離を伸ばしてのパス交換で、いかに集中できるか。パスの相手のクセを知り、自分の特徴を伝えられるか。パスひとつがコミュニケーションであり、献身や連帯にも繋がっていた。それが結実したのが、今季、尹監督が率いたセレッソ大阪の初タイトル(ルヴァンカップ)だろう。

 翻(ひるがえ)って、イタリア人指揮官フィッカデンティが采配を振るう鳥栖は、当時を超えたのか?

 現状をいえば、超えているとは言えない。単純に順位もそうだが、当時のほうが対戦相手は鳥栖を恐れていた。理屈ではない迫力があった。

 フィッカデンティ監督の率いるチームはロジカルである。守備戦術は整備され、イバルボは戦術軸になった。例えば、第32節のFC東京戦は完勝に近かった。

「単純にロングボールを入れるのではなく、ボールをつないで、という戦い方。つなぐのを怖がらないように、というのがチームの狙いにある。(自分は前で)ボールを預けてもらえるようなプレーを心がけている」

 そう語るイバルボを筆頭に、チームには実績のある選手が増えた。2017年は10人以上が新たに加入。ボールスキルの高い選手ばかりで、それはチームとしての変革を意味していた。

「イバルボが前にいるのは楽」

 そう語ったのは、今シーズン加入組のMF小野裕二だ。

「前でボールを収めてくれるので、(シャドーに入る)自分は前を向いてプレーできる。コンビネーションも簡単だし、やっていて楽しいですね。試合ごとによくなっている感覚がありますよ」

 選手たちの中でひとつの確信が芽生えたのは事実だろう。以前よりも、ボールを回す時間が増えた。

「(FC東京戦も)スタメンは6人が新加入選手という状況。チームとして慣れるのに時間がかかった、というのはありますね」

 そう説明したのは、やはり新加入のDF小林祐三だ。

「シーズン初めは新加入選手が多かったので、人も定まらないし、キャンプから戦い方がはまっていなかった。自分も含めて、みんな出遅れた。ただ、ビクトル(イバルボ)がコンディションを上げて、(小野)裕二がトップ下で躍動し、(原川)力もすっかり慣れて。監督の求めるサッカーを理解し、4−3−2−1の選手同士の距離感もつかめてきました」

 チームはひとつの形を持ちつつある。リードした場合、終盤は5−3−2のカテナチオで守り切る試合も増えた。それはひとつの勝利パターンだ。

 しかし、バックラインは強度の高いプレッシングを受けると、まだ脆さがある。第31節のアルビレックス新潟戦は、ハイプレスにポゼッションを分断され、なす術(すべ)なく敗れている。終盤に前へ出ていける選手は見当たらず、相手をたじろがせるような攻撃は消えた。

 得たものがある一方、失ったものがある。

「入ってきた選手のレベルが高いから、洗練された部分はあると思います。昔よりもクオリティは高くなった。ただ、謙虚さは忘れてはいけない。鳥栖は挑戦者として粘り強く戦い、それを相手も怖がっていた。初心は忘れずに。培ってきた歴史があるので」

 2010年に入団以来、鳥栖をJ1昇格に導き、牽引してきたFW豊田陽平が言葉を選びながら現状を語っている。

 来季も、フィッカデンティが指揮を執ることは確定的だ。シーズン途中に鎌田が抜けても新たな戦いを見出した点は評価されるべきだろう。大量補強のなかでハズレに終わった選手も少なくないが、小野、小林、原川、GK権田修一などの新戦力はフィット。ボールプレーを向上させつつ、田川亨介のような若手の価値も見出した。守備戦術のロジックはJリーグでも随一だろう。

 しかし、それは優勝の下地と言えるのか。その答えは来シーズン、出ることになる。