国際競馬の掉尾(ちょうび)を飾る、香港・シャティン競馬場を舞台にした香港国際競走が今週末に近づいてきた。今年も4つの競走に計8頭の日本調教馬が参戦する。8頭はいずれも、現地時間の12月7日の朝、芝コースで最終追い切りが行なわれ、その後の枠順抽選会でそれぞれのゲート番が決まった。エイシンヒカリ、モーリス、サトノクラウン、ネオリアリズムなど、このところ香港では日本調教馬の活躍が目立っている。しかもモーリス以外は香港での勝利が初GIタイトルでもあった。はたして、今回も日本勢は勝てるのか。また、そこに馬券的な旨味もあるのか。そのあたりを展望したい。

 最初に行なわれるのは芝2400mの香港ヴァーズ。昨年はサトノクラウンが勝利し、その後の日本での飛躍へと繋げている。

 今年は日本からキセキ(牡3歳・角居勝彦厩舎/父ルーラーシップ)とトーセンバジル(牡5歳・藤原英昭厩舎/父ハービンジャー)の2頭が出走する。

 キセキは4日の朝にも芝コースで単走の馬なりながら早めの追い切りが行なわれており、消耗戦となった菊花賞(1着、10月22日/京都・芝3000m)の疲れを微塵も感じさせない。7日の朝は、レースでも騎乗するミルコ・デムーロ騎手が日本から駆けつけての追い切りで、こちらもビッシリ追われることはなかったが、香港でGIを勝っている父ルーラーシップを彷彿とさせる動きを見せ、「今、どんどん成長しているのを感じる」と鞍上も納得の表情を見せていた。枠順は3番。長距離戦で枠順の影響が少ないように見えるが、実は典型的な内枠有利で、これも追い風となりそうだ。

 しかし、キセキに関しては気になるニュースもある。すでに日本でも報道されているように、左前肩と臀部に真菌性の皮膚感染症が見つかり、感染の拡大を防ぐために検疫地区でもさらに単独に隔離される処置が取られたとのリリースが、香港ジョッキークラブから出ている。実は、日本を出る時点ですでに症状は確認されており、現地入りしてから使用可能な薬剤で治療と考えられていたのだが、その報告が日本側から香港側になかったことから、やや大きな事態となったようだ。

 “隔離”ということについても、角居厩舎の岸本教彦調教助手によれば、到着時に入った馬房のままで特に移動を求められたわけでもなく、その後に他の馬が同じ棟に入っていないだけとのこと。調教でも他の外国馬と同じタイミングで馬場入りしていることから、状態については問題なく、むしろ臨戦態勢にある。すでに陰性にもなっており、見通しは明るそうなだけに、何とか出走にこぎつけたい。

 一方、トーセンバジルはレースでも騎乗するジョアン・モレイラ騎手を背に、僚馬ステファノスとの併せ馬で最終追い切りを実施。ステファノスを2馬身ほど前に行かせ、最後の直線で内からトーセンバジルが並んでゴールを駆け抜けた。モレイラ騎手も「想像していた以上に素晴らしい馬だという印象を持ちました」とコメント。枠順は7番とこちらも悪くない枠をひいた。馬自身は重賞未勝利だが、父はこの秋大活躍のハービンジャーだけに、その勢いに乗れるか注目だ。

 ライバルとなるのはこのレースを昨年2着、一昨年1着のハイランドリール(牡5歳/父ガリレオ)で間違いないだろう。昨年はサトノクラウンに屈したが、相手が悪かっただけで2着以下は大きく引き離している。これが同馬のラストランで、当然目いっぱいの勝負だろう。他にはブリーダーズCターフでこのハイランドリールを破ったタリスマニック(牡4歳/父メダリアドーロ)、鞍上がこのレースに強いオリビエ・ペリエ騎手のティベリアン(牡5歳/父ティベリウスカエサル)あたりか。

 続く香港スプリント(芝1200m)には、日本からレッツゴードンキ(牝5歳・梅田智之厩舎/父キングカメハメハ)とワンスインナムーン(牝4歳・斎藤誠厩舎/父アドマイヤムーン)の牝馬2頭が出走する。

 桜花賞以来のGIタイトルを狙うレッツゴードンキは、3日朝にオールウェザーコースで負荷をかけられており、最終追い切りでは芝コースを最後の直線だけ脚を伸ばすように走って仕上げられた。強く追われることはなかったが、400mのラップは22秒8で、オーバーワークにならない絶妙のさじ加減だったようだ。この最終追い切りにはジョッキーは騎乗しなかったが、手綱を取ったのは元中央競馬騎手の西原玲奈調教助手。梅田調教師によれば、輸送による若干の体重減もあるというが、前走のスワンS(3着、10月28日/京都・芝1400m)が大幅なプラス体重だったこともあり、想定内で収まっているようだ。枠順は7番で、「ラッキーセブンですね」と満足そうな表情を見せた。

 ワンスインナムーンは到着以来、初めて姿を見せたのは6日朝だったが、7日朝の追い切りでは前日同様ザカリー・パートン騎手を背に、長めから最後まで気を抜かずに駆け抜けた。管理する斎藤誠調教師は過去3回香港に遠征したヌーヴォレコルトに続く挑戦。枠順は2番で「スタートもうまく、自分でレースを作れるので、絶好の枠だと思います」とコメント。トーセンバジル同様、こちらも重賞未勝利だがこの夏から秋にかけての充実度は高い。

 ただ、”スプリント王国”と評されるように地元勢は強力だ。ラッキーバブルス(せん6歳/父シーブリング)やペニアフォビア(せん6歳/父ダンディーマン)といったGI馬のほか、これらを差し置いて1番人気になりそうなミスタースタニング(せん5歳/父エクシードアンドエクセル)は、目下、全香港調教馬の中でもっとも高いレーティングを持つ。

 香港マイル(芝1600m)には、昨年に引き続いて、サトノアラジン(牡6歳・池江泰寿厩舎/父ディープインパクト)が挑戦する。昨年の出走時点では無冠だったが、今春ついに安田記念(6月4日/東京・芝1600m)を勝利し、念願のGI初タイトルを手にした。この秋は毎日王冠(10月8日東京・芝1800m)で2着と上々のスタートを切ったが、天皇賞・秋(10月29日/東京・芝2000m)が不良馬場でまったく走らず18着、続くマイルチャンピオンシップ(11月19日/京都・芝1600m)でも12着と精彩を欠いている。

「天皇賞のダメージを心配して、マイルCSでは少し大事に調整してしまった分、まったく気合不足で競馬に使うことになってしまいました」と池江泰寿調教師は振り返った。7日朝の追い切りでは、そのスイッチを入れることを主眼に置いて強めの調教を実施した。

「攻めすぎないよう、気持ちを乗せて。これがラストランなので悔いが残らないように」

 そう語る池江調教師の表情は、この秋の凱旋門賞前のものとは対照的に、明るく感じられた。

 香港競馬はマイル路線もスプリント同様強力で、昨年も1〜4着を独占。その4頭が揃って今年も出走してきた。とりわけ昨年2着のヘレンパラゴン(牡5歳/父ポーラン)は、その後GIを2勝し、前哨戦も2着と型どおりの良化を見せている。さらにランカスターボンバー(牡3歳/父ウォーフロント)、ローリーポーリー(牝3歳/父ウォーフロント)のクールモア勢2頭も、強敵との対戦経験が豊富で、それぞれに実績もある。

 トリを飾る香港カップ(芝2000m)には、ネオリアリズム(牡6歳・堀宣行厩舎/父ネオユニヴァース、)とステファノス(牡6歳・藤原英昭厩舎/父ディープインパクト、)、スマートレイヤー(牝7歳・大久保龍厩舎/父ディープインパクト)の3頭が出走する。特にネオリアリズムは今年4月のクイーンエリザベス2世カップ(シャティン・芝2000m)をスローからのまくりで勝利し、ステファノスも一昨年のクイーンエリザベス2世カップを2着、昨年の香港カップも3着と実績を残しているだけに、地元でも注目度は高い。

 ネオリアリズムの最終追い切りはやや変則的であった。モレイラ騎手を背に芝コースを軽めで1周したのち、1000mの直線コースを使ってのもの。おそらく上がりやすいテンションを考慮してのものだろうが、これが果たして吉と出るか。そして枠順は最内の1番枠。内枠が有利なこのコースにおいて、大きなアドバンテージを得た。

 一方のステファノスはヒュー・ボウマン騎手を背に、前出トーセンバジルと併せ馬を実施。こちらも軽快な動きを見せた。枠順は8番で脚質を考慮すれば悪くない。何より、最大のライバルである地元のワーザー(せん6歳/父タヴィストック)の元主戦だけに、その弱点も織り込み済みなのは心強い。

 スマートレイヤーは武豊騎手が日本から駆けつけ、追い切りに騎乗。昨年と比較してすっかり馬体は白くなったが、動きそのものに衰えは感じられない。昨年はもともと香港カップを希望していながら、香港ヴァーズに選出され、そこでも5着と気を吐いている。

 ライバルはワーザーが筆頭。前哨戦もしっかりと勝利してここに臨む。昨年2着のシークレットウェポン(せん7歳/父ショワジール)は状態がいまひとつ。逆に上がり馬のタイムワープ(せん4歳/父アーキペンコ)に勢いを感じる。しかし、欧州勢がクールモアのドーヴィル(牡4歳/父ガリレオ)のほか、ポエッツワード(牡4歳/父ポエッツヴォイス)、ブロンドミー(牝5歳/父タマユズ)などGI実績のある馬が揃った。

 ここでは日本調教馬を中心にざっと有力馬を挙げてみたが、明日は現地情報なども含めて、より細かく占ってみたい。