【福田正博 フォーメーション進化論】

 日本時間12月2日に行なわれたロシアW杯の組み合わせ抽選会で、グループHに入った日本代表は、初戦でコロンビア、第2戦でセネガル、第3戦でポーランドと戦うことになった。抽選会では日本と韓国の名前が最後まで呼ばれず、ハラハラしたファンも多かったのではないだろうか。

 組合せが決まった直後に、長谷部誠と電話で話した際には、「ドイツとやりたかった」と口にしていた。ブンデスリーガでプレーしている長谷部の気持ちはよくわかるが、もしF組に入っていたら、ドイツ、スウェーデン、メキシコという非常にタフな相手とも戦わねばならなかった。それを考えると、抽選で最後になったので、日本にとっては”残りものには福がある”と信じたいところだ。

 もちろん、グループHが「簡単に突破できるグループ」と言っているわけではない。日本が4カ国の中で最も格下であると前置きしたうえで、決勝トーナメント進出の可能性を探っていきたい。

 グループ1位通過の本命と目されているのは、ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)を擁する世界ランキング7位のポーランドだ。彼の他にいわゆる”ビッグネーム”はいないものの、GKにヴォイチェフ・シュチェスニー(ユベントス)、DF陣にはカミル・グリク(モナコ)やSBのウカシュ・ピシュチェク(ドルトムント)、MFにはグジェゴシュ・クリホヴィアク(WBA)やヤクブ・ブワシュチコフスキ(ヴォルフスブルク)など、粒揃いだ。

 かなりの難敵だが、私はポーランド相手に勝ち点を奪うことは不可能ではないと考えている。日本はこれまで5回出場したW杯のグループリーグで、ヨーロッパ勢との対戦成績は2勝3分け1敗と相性がいいからだ。相手や開催国に違いはあるものの、この経験はチームにとって心強い。

 勝ち点「1」、あわよくば「3」を得るためのポイントは、ブンデスリーガで2年連続30得点を記録しているレバンドフスキを封じられるかどうかに尽きる。

「エースを封じる」というと数人でマークすることを想像しがちだが、ボールを持たれた状態で囲みにいっても、なかなか止められるものではない。大切なのは、レバンドフスキへのボールの「供給源」を断つことだ。中盤やサイドで相手のボールホルダーにプレッシャーをかけ、レバンドフスキにボールが渡る回数を減らして決定機を作らせない。それを90分間持続できるかが、試合の結果を大きく左右することになる。

 そのポーランド戦を前に勝利を手にしておきたいのが、第2戦のセネガル戦だ。セネガルには、FWにサディオ・マネ(リバプール)や、ケイタ・バルデ・ディアオ(モナコ)など、身体能力が高く、スピード豊かな選手が揃っている。ただし、チーム全体としては、フランスリーグをはじめ、欧州各国のクラブでプレーしている選手が多いからか、まとまりを欠いている印象がある。
 
 加えて、ハリルホジッチ監督の指導経験が最も生かせる相手でもある。前回のブラジル大会でアルジェリアを、それ以前はコートジボワールを指揮したこともあるハリルホジッチ監督には、セネガルの選手たちのプレーの特徴や気質を含めたデータが蓄積されているはずだ。しっかり弱点を分析すれば、日本の勝利も見えてくる。

 そして、日本にとってもっとも厄介な相手は、初戦で当たるコロンビアだ。ブラジル大会で1−4と大差で負けた南米の強豪だが、日本は南米勢との相性が圧倒的に悪い。過去のW杯を振り返っても、決勝トーナメント進出を逃した大会では同グループに決まって南米のチームがいた。

 南米勢を苦手にしている理由は、サッカーに対する彼らの価値観が日本人とは異質だからではないかと思う。彼らの自由な発想力、したたかさ、駆け引きのうまさは、生真面目で正直な日本人の想像を超えたところにある。日本が組織的に試合を進めていても、彼らの型破りなプレーで綻びを突かれて、結局はやられるパターンが多いのはそのためだ。

 ブラジル大会ではベスト8に進んだコロンビアは、その成績を上回るだけの戦力が整っている。ケガで前回大会を欠場したラダメル・ファルカオは昨年からモナコに戻って好調を維持しており、今夏バイエルンに移籍したハメス・ロドリゲスは、試合に出場しながらコンディションを上げている。

 そんなレベルの高い選手たちを指揮するのは、アルゼンチン人のホセ・ペケルマン監督。自国代表を率いた経験もある老練な指揮官のもとで、状況に応じて戦い方を変えられるチームを築いている。DFラインからビルドアップするだけではなく、相手に合わせてロングボールを使うなど、あらゆる方法で相手を揺さぶってくる。

 しかし、そんなコロンビアも初戦にピークを持ってくるとは考えにくい。もちろん、初戦がグループリーグ突破のために重要なのだが、1カ月に及ぶW杯を戦い抜くために、強豪国の多くはコンディションのピークを決勝トーナメントに合わせてくる。

 対して、グループリーグ突破が目標の日本は、「初戦で負けたら終わり」という覚悟で臨むべきで、ピークを初戦に設定して、コンディションの差をアドバンテージにしたいところだ。試合開始直後からプレッシャーをかけ、最初の20分間でコロンビアに「おかしい」と思わせられたらチャンスは生まれるだろう。

 たとえば、2002年日韓大会でW杯連覇を狙ったフランスは、コンディションが上がりきっていない初戦で、セネガルにまさかの敗退。そのまま、1勝どころか1ゴールも奪えずに大会を去った。それと同じように、日本が初戦のコロンビアから勝ち点「1」でも奪うことができれば、グループリーグ突破に一歩近づくはずだ。

 その準備のためには、来年3月に予定されている2回の強化試合がポイントになる。本戦出場を逃した国の中でベストな対戦国は、コロンビアを想定してチリ、セネガルを想定してカメルーンではないかと思う。特に、南米の強豪であるチリが、アルトゥーロ・ビダルやアレクシス・サンチェスを入れたベストメンバーで臨んでくれれば、この上ないテストマッチになる。

 また、グループFで韓国と戦うドイツを仮想ポーランドと考えて試合ができればさらにいいだろう。勝てないまでも善戦すれば自信になり、逆に完膚なきまでに叩きのめされたとしても、チームに危機感を持たせることができる。大敗して日本が意気消沈してしまう可能性ももちろんあるが、見方を変えれば、同グループの国々が「日本は与(くみ)しやすい」と油断してくれる可能性もある。

 日本以外の3カ国にとって、日本との対戦は「格下から勝ち点3を奪うことが必須の試合」となる。しかし、日本戦に照準を合わせてシステムや選手を変更するとは思えない。自分たちのいつも通りのパフォーマンスを発揮すれば、「日本には勝てる」という考えがあるはずだ。であれば、強豪に正面からぶつかっていくのではなく、そのスキを突いてほしい。

 勝つ可能性を少しでも上げる方法を探り、粘り強く戦うために、残り7カ月でさまざまな策を講じてもらいたい。