12月22日の全日本フィギュアスケート選手権男子SP(ショートプログラム)。演技を終えた宇野昌磨は苦笑いを浮かべた。

 羽生結弦がインフルエンザのために欠場した昨年にも増して”絶対的な優勝候補”と目される立場。前のグループでは田中刑事が4回転サルコウを含む3種類のジャンプを決め、自身初の90点台となる91.34点を獲得していたなかでの演技は、最初の4回転フリップは確実に決めて、続くスピンとステップもレベル4と安定した滑りを見せた。

 しかし、後半に入ってからの4回転トーループでは着氷を乱し、とっさに1回転トーループをつけたが連続ジャンプとは認定されなかった。その後はしっかりまとめたが得点は96.83点。昨季後半からコンスタントに出していた100点台には届かず、絶不調だった11月のフランス杯を2.91点回るだけの結果だった。

「6分間練習通りの4回転トーループになってしまいましたね。(練習の状態がいまひとつで)気合いを入れていこうという気持ちになっていたので……。気合い十分のジャンプですごく上にあがったなと思うけど、それを止めることができず、コンビネーションにつながらなかったのは残念です」

 後半の連続ジャンプはSPでは大きな得点源だ。しかし、GPファイナルのフリーでも後半に入れた4回転トーループは2本ともミスをしていた。

「さすがにトーループの失敗が多すぎますね。練習では9割くらい跳べていますが、簡単に跳べるジャンプだからこそ、いろんなことができてしまって失敗しているんじゃないかなと思います。ギリギリの(難易度の高い)ジャンプが成功するのは100%の力を入れるからかなと思うけど、そこが本当に課題ですね」

 練習では簡単に跳べるが、試合になるとどうしても力が入って回りすぎてしまうことは多い。今回もそれが出てしまい、「落ち着いて演技をしていれば、とっさにオーバーターンをして3回転トーループを跳べたと思うので、そこはもう試合と練習との違いかなと思います」と苦笑する。

 だが、この日の宇野は6分間練習から余裕がなかったともいう。「何だがわからないけど、思うようにいかなかった」と。そのために「気合を入れなければ自分がやりたいと思っていることができなくなる」と考えてしまった。昨季の世界選手権などで言っていた「緊張することもなく、練習通りにできただけという感覚しかない」という精神状態とはまったく違っていたのだ。

「4回転+3回転も1個目がうまく跳べていたとしてもコンビネーションをつけなければ大きな減点になるし、フリップもアクセルも自分のベストのジャンプからはかなり離れたものだったので、全体的にまだまだだと思います」と言う宇野。

 今年も昨年に続いて羽生結弦不在の大会となり、”追われる立場”という意識が強すぎたのか。それを問うと「そうなんですかね。去年も同じような感じで、終わったあとで『何で自分の演技や動きができなかったのかわからない』とコメントをしていたと思うので。それは自分が実感していないところで感じているものではないかなと思います」と答える。

 まだ挑戦者だと思い続けているからこそ出てくる、宇野の強さと勢い。その目標とする存在がいなくなった状態で力を出し切るというのは、彼が経験を重ねていくなかで解決していくべき課題でもあるが、今回はそれを特に問われているともいえる。

昨年は無良崇人に2.29点リードされたSPから、フリーではミスを出しながらも192.36点を獲得し、無良が崩れたこともあって2位に30点以上の大差をつけて圧勝した。その時の88.05点と比べれば、今回は大きな得点源となる連続ジャンプでミスをしながらも96点台。その分だけ地力はアップしているということだ。それをフリーではどうのように見せてくれるのか。自己最高の214点だ台をだ出せば、300点超えも実現できる状況だ。フリーではそれを果たして”宇野昌磨の力”を見せつけてほしい。

 一方、注目の平昌五輪3枠目の争いは、ゲイリー・ムーアの『ザ・プロフェット』をキレのある滑りで伸びやかに演技した田中が一歩リードする状況になった。4回転サルコウは着氷がわずかに乱れてGOE(出来ばえ点)加点は0.09点に止まったが、他の3回転フリップ+3回転トーループとトリプルアクセルは1.40点と1.86点の加点をもらう。ステップも粗さはあったが、情熱を込めた滑りをしていた。

 今季は苦しい戦いを続けていた無良は、最初の4回転トーループが「跳び上がりの瞬間の動作のタイミングが合わなかった」と着氷を乱して連続ジャンプにできず。後半の3回転ルッツに3回転トーループをつけた連続ジャンプでも減点されたが、ステップはしっかり音をとらえる滑りで85.53点を獲得して、まだ田中を射程圏内には置いている状態だ。

 80.99点の村上大介と78.16点の友野一希は少し出遅れた形になり、平昌五輪代表を懸けた勝負の場をフリーに移すことになった。