全日本フィギュアスケート選手権女子フリーは、宮原知子が渾身のパーフェクト演技を披露して、国際スケート連盟(ISU)非公認ながら、自己ベストの147.16点をマーク。ショートプログラム(SP)2位から、合計220.39点を叩き出して大会4連覇を飾った。昨年12月に発症した左足股関節の疲労骨折という大ケガから見事な復活を果たし、初の五輪代表入りを決めた。

 SP首位の坂本花織は、フリーでは取りこぼしがあって4位に。合計213.51点の2位となり、全日本5度目の出場で初表彰台となった。3位に入ったのは、浅田真央以来となる、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)をSPとフリーで計3度跳んでみせたジュニアの紀平梨花。並みいる有力シニア勢を抑えて全日本初メダルを獲得した。

 今季のグランプリ(GP)シリーズ2大会連続で表彰台に立ち、五輪選考レースで優位に立っていた樋口新葉は、SPではダブルアクセル(2回転半ジャンプ)が1回転になる痛恨のミスで得点が伸びずに4位と出遅れた。22日の公式練習で足を痛めた影響が出たフリーでも、3回転サルコウが2回転になるなど、全体的に持ち味のスピードを発揮できずに138.92点の5位に沈んだ。合計でも206.96点と振るわず、総合4位で表彰台を逃した。

 SP7位だった昨季の四大陸女王・三原舞依は、ノーミス演技のフリーで3位に食い込んだが、合計204.67点で総合5位に終わった。またSP3位の本郷理華は、フリーではジャンプの転倒があり総合6位に、前ジュニア世界女王で注目度が高かった本田真凜は、SP6位、フリー9位と力を発揮できずに合計193.37点で総合7位だった。

 宮原にとっては、4年前のシニアデビューシーズンがソチ五輪シーズンだった。そのシーズンの全日本選手権で惜しくも4位にとどまり、五輪代表にはなれなかった。しかし、その翌シーズンからは、浅田真央を抑えて全日本女王の称号を勝ち取り、名実ともに日本女子のエースになった。そして「ミス・パーフェクト」の異名をもらうまでに演技を磨き続けている。

 試合後はこれまで見せたことのない歓喜のガッツポーズと、晴れやかな笑顔が見られた。

「いままでで一番嬉しい優勝。いままでで一番自分の力を出し切ったフリー演技ができたので、ここでガッツポーズするしかないと思ってやりました。せっかくずっと全日本で優勝してきて、今回は優勝しか(五輪代表入りの)確実な道がない中で、優勝しないわけにはいかないという気持ちがあったので、絶対行きたいという一心で滑りました」

 演技後のキスアンドクライでは、小学生のときから二人三脚で厚い師弟関係を築いてきた濱田美栄コーチと抱き合い号泣した。

 昨季は後半戦を棒に振った。ケガを治すだけでなく、これまでおろそかにしていた身体作りにも着手。昨季までは学業との両立をこなすために寝不足になりがちだったことを踏まえ、今季は休学してスケートに注力することにした。体重コントロールも、食べないで行なうのではなく、十分な栄養を適切に摂りながら体幹強化に取り組んできた。

 濱田コーチを筆頭に、出水慎一トレーナーや医学サポート、リハビリのスタッフ、そして栄養チームが宮原を全面的にバックアップして、焦らずに細心の注意を払って調整をしてきたことが、宮原のパフォーマンス向上に大きなプラスになったようだ。見失いがちだった自分の状態とじっくり向き合ったことが功を奏して、最高の結果に繋がった。

 それでもこの数カ月は、苦しい調整期間だったようだ。思い通りに回復が進まない時期もあり、そのたびにスケジュールの変更を余儀なくされた、結局、復帰戦は11カ月ぶりとなる11月のNHK杯だった。そこから1カ月半で4試合を戦い、驚異的な復活劇を見せたわけだ。濱田コーチはこう明かす。

「本当に苦しいスタートだったんです。この全日本に焦点を合わせて、なるだけジャンプをさせなかったですし、実は10月の段階で『来年、スケート、やめるの?』って知子に言ったんです。そうしたら、『やめない』というので、『だったら、焦らないで5年後を目指して練習しましょう』と言いました。

 私も『大丈夫』と報道の皆さんに言っていましたが、不安でしたし、(回復するのを)じっくり待たせたので、あの子が最後までよく頑張ったと思います。本当に辛抱強かったです。自分がスケーティングしかできない状態でも、できることをずっとやり続けるすごさというのを見て、私も勉強になりました。

 やっぱり努力は報われるなと思いましたし、初めて会ったときは本当に鈍(どん)くさくて、オリンピックに行く選手だとは思っていなかったので、ただひたむきにすごく練習するので、それに私も引っ張られてここまできて……(涙で声が詰まり)、よく辛抱したと思いますし、本当に頑張ったと思います」

 教え子を五輪代表に初めて育て上げた濱田コーチは、感激を隠そうともしなかった。
 
 初の五輪について、「本当に楽しみで仕方がないと思います」と目を輝かせた19歳は、夢に思い描いていた舞台に思いを馳せてこう語っている。

「五輪は目標にしていた舞台。まだ想像もつかないし、実感も湧かないけど、すごくワクワクしています」

 五輪の舞台では、さらに輝きを増した宮原がロシア勢とメダル争いを演じてくれることを期待したい。