6月23日、阪神競馬場で”春のグランプリ” GI宝塚記念(芝2200m)が行なわれる。

 今年はGI天皇賞・春(京都・芝3200m)を勝ったフィエールマンこそ出走しないものの、6頭のGI馬が顔を揃えた。今年の大阪杯(阪神・芝2000m)や一昨年の皐月賞(中山・芝2000m)を勝ったアルアイン、昨年の大阪杯を勝ったスワーヴリチャード、昨年のエリザベス女王杯(京都・芝2200m)を勝ったリスグラシュー、昨年の天皇賞・秋(東京・芝2000m)と一昨年の日本ダービー(東京・芝2400m)を勝ったレイデオロ、一昨年の菊花賞(京都・芝3000m)馬のキセキ、2016年の日本ダービー馬のマカヒキと、豪華な顔ぶれとなっている。

 この中で中心視したいのがレイデオロ(牡5歳/美浦・藤沢和雄厩舎)だ。


昨年末の有馬記念で2着に入ったレイデオロ

 今年初戦のGIドバイシーマクラシック(メイダン・芝2410m)は押し出される形で先頭に立ち、自分のリズムで走れず6着に敗れたが、当日のパドックでエキサイトしたことからレース前の消耗も激しかった。しかし、昨年の天皇賞・秋は1馬身1/4差の完勝で、GI有馬記念も稍重馬場に苦しみながらクビ差の2着と健闘しており、このメンバーに入れば上位争いは必至だろう。

 レイデオロは、宝塚記念と同じ芝2200mで1勝3着1回。昨年のGⅡオールカマー(中山・芝2200m)では、アルアインを並ぶ間もなく差し切って力の違いを見せている。さらに阪神コースでは、3歳時に一昨年のGⅡ神戸新聞杯(芝2400m)を勝利するなど、コース、距離ともに問題ない条件だ。

 不安点を挙げるとすれば、ドバイシーマクラシックのような展開になって折り合いを欠くことだが、今レースはキセキが出走することが好材料。今回の組み合わせなら同馬が逃げの手を打ち、ある程度締まったペースになることが予想され、そうなればレイデオロにもレースはしやすくなるだろう。ちなみに、キセキと一緒に走ったレースは3戦あるが、いずれもレイデオロが先着し、2勝している。レイデオロにとって相性のいい相手だ。

 血統を見ると、2015年の同レース勝ち馬のラブリーデイ、2018年の勝ち馬のミッキーロケットとは、父がキングカメハメハである点が同じ。祖母の弟ディープインパクトも2006年に勝利している。父の産駒で母系にロベルトを持つのはラブリーデイと、ミスタープロスペクターを持つのはミッキーロケットと共通しており、血統的にもこのレース向きだ。

 1984年にグレード制が導入されて以降、ダービー馬が宝塚記念を勝ったのは2006年ディープインパクト、2012年オルフェーヴルの三冠馬2頭だけ。その2頭に並ぶ存在になれるかに注目したい。

 レイデオロの他に、穴馬として狙いたいのはクリンチャー(牡5歳/栗東・宮本博厩舎)。今年に入ってからはGⅡ日経賞(中山・芝2500m)7着、GI天皇賞・春10着と苦しんでいるが、2200mは昨年の京都記念(京都)、一昨年のOPすみれS(阪神)と2勝を挙げている得意な舞台。特に、宝塚記念と同条件のすみれSは4馬身差の圧勝で、3着に終わったキセキを破っている。

 父ディープスカイは2008年のGI日本ダービー(東京・芝2400m)、GINHKマイルC(東京・芝1600m)勝ち馬で、2009年に出走した宝塚記念は3着。産駒は芝で37勝を挙げていて、そのうち約3分の1を占める12勝が阪神コース。クリンチャーの他にもスピリッツミノルが2015年のすみれSを勝っており、得意条件と言える。今回は人気薄が予想されるが、それを覆す激走に期待したい。

 以上、今回はレイデオロとクリンチャーの5歳馬2頭に期待する。

著者:平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki