今年のGIジャパンC(11月24日/東京・芝2400m)は、ここ4年間のダービー馬のうち、今春の日本ダービー(東京・芝2400m)を制したロジャーバローズ(引退)を除く3頭が出走する。

 2016年のマカヒキ(牡6歳)、2017年のレイデオロ(牡5歳)、2018年のワグネリアン(牡4歳)だ。

「ダービー馬3頭が激突!」となれば、普通は競馬ファンの興味を大いにかき立てるものだが、残念ながら、今年の”3頭激突”にはそれほどの盛り上がりはない。

 3頭とも、このところの成績が芳しくなく、”ダービー馬”という看板がやや色あせてしまっているからだ。

 それでも、唯一レイデオロは、今回も上位人気は確実で、勝ち負けの期待がかかっている。

 他の2頭は、古馬になってからGIを勝てていないが、レイデオロは昨年のGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)を勝っており、続くGI有馬記念(中山・芝2500m)でも2着と好走している。その点で、同じダービー馬でも「他の2頭とは違う」、あるいは「一枚上」と見られており、多くのファンが「次こそは」という期待を捨てられずにいる。

 その一方で、レイデオロが競走馬として、「超一流の輝きを見せたのは、昨年まで。今年に入ってからは、さっぱり」と指摘する声もある。

 たしかに、今年は3月のGIドバイシーマクラシック(3月30日/UAE・芝2410m)で6着と惨敗すると、帰国初戦のGI宝塚記念(6月23日/阪神・芝2200m)でも勝ち馬から大差をつけられての5着に終わった。さらに、夏場の休養を挟んで臨んだ前走のGIIオールカマー(9月22日/中山・芝2200m)でも、1番人気を裏切って4着に沈んだ。

 こうした状況にあって、はたしてジャパンCでの巻き返しはあるのだろうか。


レイデオロはジャパンCでかつての輝きを取り戻せるか

「厳しいでしょう」と語るのは、競馬専門紙記者である。その理由については、「前走、オールカマーの内容がひどすぎるから」と言う。

「オールカマーでは、鞍上が主戦のクリストフ・ルメール騎手から、福永祐一騎手に乗り替わっていました。福永騎手に近い関係者によれば、『このレースだけ、ジャパンC前のひと叩きのつもりで乗ってほしい』という依頼だったそうです。つまり、もともと負けることは、ある程度覚悟したうえでのレースだったということです。

 ただそれにしても、内容のないレースでした。道中は後方を追走。3コーナー過ぎから徐々に進出し、直線に入ってから前を追いかけたものの、逃げた馬をとらえ切れず、逆にゴール前で2、3着馬にかわされてしまいました。GI馬そろったメンバー構成ならともかく、GIIレベルの弱いメンバー相手にこのレースですからね……。

 何より気になったのは、馬自身に戦う姿勢が見えなかったこと。いい時は、もっと唸るような気合があったのですが……。オールカマーの時はファイティングポーズさえ取らないまま、リングに上がっているように見えました」

 馬体重は前走比で増減なし。この記者によれば、馬体的にはある程度仕上がっていて、走れる態勢にはあったという。それでも、結果が出なかったのは、「精神的なものが大きいのではないか」と、同記者は分析する。

「原因をたどれば、今年のドバイにあると思います。当地でドバイシーマクラシックに出走。その際にレイデオロは、何かで自信をなくすとか、走るのが嫌になるといった体験をして、それがずっと尾を引いているように見えます。

 馬体に問題があって、成績が上がらないのであれば、そこが治れば走れます。でも、精神的なダメージというのは、回復が難しい。それでダメになった馬は、この世界では何頭もいます。要するに、この間の低迷の原因が精神的なもので間違いなければ、レイデオロの巻き返しも、現状では厳しいと言わざるを得ません」

 とはいえ、レイデオロの巻き返しの可能性がまったくないわけではない。

 その根拠のひとつは、JRAが発表した出走馬のレーティングである。レイデオロだけが120ポンドを上回る121ポンドをマークし、ランキングの1位になったことだ。

 このレーティング自体、あくまでも参考値にすぎないが、今回はその程度のメンバー構成であること。すなわち、メンバーに恵まれたレースであることは間違いない。

 もうひとつの根拠は、レイデオロが最も得意とする東京コースに舞台が変わることだ。

 レイデオロの東京での戦績は、4戦3勝、2着1回。3勝のうち、GIが2勝。2着に負けたレースも、3歳時に挑戦したジャパンCで、勝ったシュヴァルグランには屈したが、当時「現役最強」と言われたキタサンブラックには先着している。それだけ相性のいい舞台に変われば、一変があってもおかしくない。

「たしかに、精神的なダメージを負った馬が、何かのきっかけで自信を取り戻すということは、稀(まれ)にあります。レイデオロにとって、メンバーに恵まれて、しかも得意な東京で行なわれる今回のジャパンCが、そのきっかけになっても不思議ではありませんね」

 前出の専門紙記者もそう語る。

 思い出すのは、2014年のエピファネイアである。

 デビュー以来、「大物」と言われ、3歳時には三冠最後のGI菊花賞(京都・芝3000m)を見事に制した。しかし、4歳になると振るわず、当時まだGIIだった大阪杯(阪神・芝2000m)で3着に敗れ、香港に遠征して臨んだ国際GIクイーンエリザベス2世C(香港・芝2000m)でも4着に屈した。

 その後、天皇賞・秋では4番人気まで評価を落とし、結果も6着に終わった。さすがに「もうダメか」という声が大勢を占め始めるなか、続くジャパンCでもさらにオッズを落としての4番人気にとどまった。

 だがそこで、エピファネイアがついにうっ憤を晴らす。なんと、2着ジャスタウェイに4馬身もの差をつける圧勝劇を演じたのだ。

 この時のエピファネイアと、今のレイデオロの有り様が、どことなく重なる感じがする。

 歴史は繰り返す――その予感が、日に日に増している。

著者:新山藍朗●文 text by Niiyama Airo