チーム事情から見るドラフト戦略2021〜広島編

 今年の広島のドラフトのキーマンは、じつはチーム内にいる。

 そのキーマンとは、外野手の正随優弥(しょうずい・ゆうや)だ。2018年のドラフトで6位指名されて入団。昨年まで一軍出場はわずか7試合という3年目の新鋭である。

 正随については、亜細亜大の頃から「右の大砲候補」として熱く注目していた。神宮球場のレフト上段にプロでもめったに見ることのできないような特大アーチを目撃したことがあるし、右中間にグングン伸びていく打球はスラッガーと呼ぶにふさわしい当たりだった。


今年春のセンバツでも活躍した市和歌山のエース・小園健太

 打つだけではなく、二塁走者の本塁突入を阻止できる強肩も光っていたし、足だって遅くないのに、なぜ6位だったのか......?

 大学時代の正随は、長打を打ったあとの打席が粗かった。とりわけ、レフト方向に豪快に引っ張ったあとの打席は、バッティングを崩していたように見えた。そのあたりが「パワーはあるけど粗っぽい」という各球団の評価になったと聞いている。

 そんな正随が、この夏あたりから一気に才能を開花させた。8月下旬から9月にかけて、ファームでホームランを量産。一軍に昇格して9月15日の中日戦は、まずは5回にタイムリーを放つと、7回一死一、二塁の場面では逆転の3ラン。1試合4打点と存在感を見せつけた。

 この正随が広島打線の一角を占められるかによって、今年のドラフト戦略が大きく変わってくると見ている。

 広島にとって「右の大砲候補」の獲得は、昨年のドラフトでもテーマになっていたが、今年も早い段階から松田一宏オーナー代行の号令がかかったとの報道もあった。

 たしかに、左打者に偏ったチーム編成は早急にクリアしなければならない課題であり、なかでも鈴木誠也の後継者探しは重大なミッションである。

 その一方で、Bクラスに低迷している原因を探ると、チーム防御率3.94(リーグ5位/9月19日現在)の投手陣であることは明白だ。そうした現状を鑑みると、大砲候補ばかりも探していられない。まずは失点を減らすことが最優先ではないだろうか。

 昨年のドラフト1位・栗林良吏の大活躍はいまさら説明の必要はないが、2位の森浦大輔、3位の大道温貴の投手2人もシーズン前半はリリーフとして奮闘し、もし彼らがいなかったら...と想像したくないほどの惨状になっていた可能性が高い。

 そうしたこともあり、正随のこれからの働き次第で、頼りになりそうな投手を1位で獲得するのがいいのではないか。

 栗林の成功体験もあり、すぐに結果を求めるなら即戦力だろうが、それが2年続いては広島らしくないようにも思う。しかも今年は高校生に将来のエース候補が何人もいる。なかでも、完成度の高さでは市和歌山の小園健太(右投右打)が頭ひとつ抜けている。

 高校生で9回まで145キロ前後のボールを投げられる投手はそうはいない。それだけでなく、スライダー、カットボール、スプリット、カーブなど、自在に操れる変化球も備えており、ヤクルト・奥川恭伸のように2年目からローテーションの一角を狙える可能性は大いにある。

 小園を1位で獲得できれば、すぐに戦力として働いてくれそうな投手も補強しておきたい。三菱重工Westの森翔平(左投左打)、創価大の鈴木勇斗(左投左打)、東北福祉大の椋木蓮(むくのき・れん/右投右打)、京都産業大の北山亘基(右投右打)あたりが候補になるだろう。

 椋木は150キロ近い快速球とタテの変化球で三振を築くが、球数が増えるとキレ、変化量とも落ちる傾向にあり、ならば1イニング限定のリリーバーとして期待したい。

 逆に、尻上がりに安定した投球が持ち味なのが北山。すべての球種が高水準で、闘争心が長続きできるのも先発タイプ。

 あともうひとり狙いたいのが関西学院大の山本晃大(左投左打)。身長186センチ、体重88キロのサイズがありながら、ボディバランスが抜群。エースの黒原拓未(左投左打)は上位候補と言われているが、山本は大化けの可能性を秘める。

 投手が補強できれば、やはり「右の大砲」だ。時間をかけて育てるなら、三島南の前田銀治(外野手/右投右打)が面白い。182センチ、90キロの体躯から放たれる打球はパワーに溢れ、50mを6秒そこそこで走れる脚力も魅力十分。それ以上に光るのが、前田のアグレッシブなプレースタイルだ。いつも全力で振って、投げて、走って......前田のプレーにはチームを鼓舞させるような、数字では計れない価値がある。

「彼のプレーを見ていると、胸がスッとします。こういう選手がチームいたら、絶対に強くなる。育ててみたくなる選手ですね」

 あるスカウトが絶賛したように、鈴木誠也の後継者としては十分な逸材だと思うのだが......。

著者:安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko