前節(第29節)終了時点で、首位を行く川崎フロンターレは28試合を消化して勝ち点69。これを追う2位の横浜F・マリノスは29試合を消化して65。勝ち点差は4ながら、両者の消化試合数には1試合分の差があった。

 9月22日。試合のない横浜FMに対し、川崎は29試合目を戦った。

 川崎、横浜FMの2チームに絞られた優勝争いは、試合数が並べばより鮮明になる。しかも対戦相手は鹿島アントラーズで、アウェー戦だ。ここで川崎が敗れれば、勝ち点差は4で変わらないが、川崎が勝てばその差は7に大きく広がる。川崎対鹿島は、残りが9試合になった終盤の展開を占う上で、見逃せない試合になった。

 筆者の見た目では、戦力で上回るのは横浜FMのほうだ。勝ち点が同数で並ぶなら優勝へは横浜FM有利と見る。4差でもほぼ互角と見るが、7差に広がるとさすがに川崎有利と言わざるを得ない。


鹿島アントラーズ戦で決勝ゴールを決め、チームメイトに祝福される宮城天(川崎フロンターレ)

 鹿島戦。試合は後半16分に動いた。鹿島の左SB安西幸輝の折り返しを、右MFファン・アラーノが頭で合わせ先制する。試合はその後も鹿島ペースで推移した。横浜FMファン及びJリーグの混沌した展開を願うファンにとって、歓迎すべき展開になった。

 鹿島がよかったというよりも、川崎のサッカーがよくなかったと言うべきかもしれない。まさに田中碧、三笘薫の穴が埋まっていない状態にあった。特に冴えなかったのは、三笘のポジション=左ウイングで起用された新外国人選手マルシーニョだった。J1で先発を飾ったのは前節の徳島ヴォルティス戦に次いでこれが2試合目だったが、身体がフィットしていないのか、それほどうまくないのか、期待感を抱けないプレーに終始したことも、試合が鹿島ペースで推移した大きな要因である。

 この流れを変えたのは、川崎の鬼木達監督の選手交代だった。交代枠5人制で行なわれている昨季から、どんな試合でもその枠を使い果たそうとしてきたJリーグで最も選手交代を積極的に行なう監督である。日本代表の森保一監督にはない魅力と言えばわかりやすいだろう。選手の使い回しがうまいので、選手はたとえ控えに回っても、高いモチベーションを維持できる。

 後半38分、交代出場したばかりの山村和也が、セットプレーの浮き球を頭で決め、同点とした川崎のプレーには必然性を感じた。

 このまま終了すれば、川崎は横浜FMとの差を4から5に広げるものの、状況に大きな変化はない。優勝争いを考えたとき、それほど大きな意味を持つ勝ち点1ではなかった。試合は後半のアディショナルタイムへ。表示はプラス4分だった。

 問題のマルシーニョは後半22分、ベンチに下がっていた。交代で左ウイングに入ったのは宮城天。川崎のアカデミー出身で昨年、トップチームに登録された20歳だ。その後、カターレ富山に貸し出されていたが、五輪前、復帰を果たす。三笘の去った左ウイングの位置で出場するようになった。

 切れ味鋭いドリブルに加え、1対1で相手に仕掛ける姿勢も上々だった。即、こちらに期待感を抱かせたものだが、その直後にマルシーニョがチームにやってきて、徳島戦、鹿島戦と先発を飾った。だがその出来は、宮城のほうがずっといいじゃないかと言いたくなるほどよくなかった。

 三笘がそうであるように、対峙するサイドバックを置き去りにするドリブル&フェイントを備えたウインガーは、やはり見ていて楽しい。1対1で縦抜けするプレー、切れ込んでシュートを放つプレーは絵になるし、客を呼べる。現状のマルシーニョなら、宮城のほうにその可能性を感じる。

 ただ、鹿島戦の宮城は、やや空回り気味だった。「自分が入ってチームに勢いをもたらそうとしたんですけれど、ミスが多くてダメだなと思っていた」と、試合後、宮城はインタビューに答えていた。しかし、その前向きなプレーには光るものがあった。

 後半48分、中央でボールを受けると、右足でシュート、それが跳ね返り、再び、宮城のもとにボールが来ると、思い切りよく右足のインステップを振り抜いた。鹿島GK沖悠哉は、その正面から放たれたライナー性のシュートを、セーブすることができなかった。

 宮城にとって記念すべきJ1初ゴールは、川崎と横浜FMとの差を7に広げる、まさに価値ある貴重な一発となった。今季を振り返るときに「外せないゴール」になる可能性もある。

 鹿島でこの日、2トップの一角としてフル出場した荒木遼太郎とは同学年だ。今季のJ1リーグですでに9ゴールを挙げている荒木に対し、宮城はこれが初ゴール。さらに各年代別の日本代表に選ばれ続けてきた荒木のような華々しい経歴はない。両者の間には大きな差が存在するかに見える。

 だが、将来的にはどうだろうか。筆者には、ドリブルで縦に抜いて出る力を備えた選手のほうが、中盤的な選手より断然、怖そうに見える。いまの時代、貴重な存在に見える。

 ちなみに誕生日の6月2日は、久保建英(2001年6月4日生まれ)とはわずか2日違いだ。ミャンマー人の父親と日本人の母の間に生まれた宮城が、近い将来、久保の域に迫ることはできるか。面白い存在になるような気がする。

著者:杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki