4月21日(日)、東京競馬場で3歳牝馬によるGⅡフローラS(芝2000m)が行なわれる。

 このレースは、5月19日に行なわれるGⅠオークス(東京・芝2400m)のトライアルレースで、2着までにオークスの優先出走権が与えられる。今回はオークスも見据え、「血統レベルの高さ」というテーマで占っていきたい。

 筆者が気になるのはラヴァンダ(牝3歳、栗東・中村直也厩舎)だ。同馬は母のいとこにオークス馬ヌーヴォレコルトがいる血統。ラヴァンダ自身のいとこにも、地方交流GⅠのJBCクラシック(金沢・ダート2100m)勝ち馬のミューチャリーがいて、祖母ゴッドインチーフはGⅠ阪神3歳牝馬S(阪神・芝1600m)で3着に入った実力馬という優秀な牝系だ。


重賞初勝利を目指すラヴァンダ photo by 山根英一/アフロ

 ヌーヴォレコルトはオークス出走時(2014年)、GⅢチューリップ賞(阪神・芝1600m)で2着、GⅠ桜花賞(阪神・芝1600m)で3着という実績はあったものの重賞は未勝利で、距離延長で素質を開花させたタイプだった。オークス勝利後も、GⅠ秋華賞(京都・芝2000m)やGⅠエリザベス女王杯(京都・芝2200m)、翌年のGⅠ香港C(芝2000m)でも2着に入るなど、中距離のGⅠレースで好成績を残している。

 ラヴァンダの父シルバーステートは、重賞勝ちはないものの、現役時代は芝1600〜2000mで4勝を挙げた馬。産駒はGⅢファンタジーS(阪神・芝1400m)勝ち馬のウォーターナビレラなど、マイル前後の活躍馬も多い。だが、最近はGⅢ中山金杯(中山・芝2000m)のリカンカブール、GⅢ七夕賞(福島・芝2000m)のセイウンハーデス、若葉S(阪神・芝2000m)のショウナンバシットなど2000mでの活躍が目立っている。

 産駒全体の芝コースの成績を見ても、芝2000mは252戦33勝で勝率13.1%と、勝利数2位の芝1600mの勝率(269戦20勝で7.4%)を大きく上回っており、最も得意な条件となっている。東京コースの芝2000mでも、前述のセイウンハーデスがプリンシパルS、バトルボーンが3勝クラスのウェルカムSを1分57秒8の好時計で勝つなど、上級クラスでの実績も十分だ。

 ラヴァンダの成績は5戦1勝で、1勝は芝1400m。前走のGⅡチューリップ賞(阪神・芝1600m)は7着と敗れているが、直線で再三進路を塞がれながらも最後は脚を伸ばしており、"スムーズに進めて距離が延びれば"という内容だった。まだ1600mまでしか出走がないが、これまでの走りや血統背景からも、今回は大いに期待できそうだ。

 もう1頭はトロピカルティー(牝3歳、美浦・林徹厩舎)を推す。母キラモサは豪GⅠVRCオークス(芝2500m)、豪GⅡVRCウェイクフルS(芝2000m)を勝った実力馬。父リアルスティールは現役時代、GⅠドバイターフ(メイダン・芝1800m)を制した一流の中距離ホースだ。産駒はGⅡセントライト記念(中山・芝2200m)のレーベンスティールなど中距離タイプが多く、芝の特別戦11勝のうち9勝が1800m以上となっている。

 トロピカルティーは芝1800mで2戦1勝。新馬勝ちは東京コースで、ゴール直前で差し脚を伸ばす快勝だった。前走の若竹賞(中山・芝1800m)は3着。不良馬場にも対応し、最後までジワジワと伸びていた。

 スタートダッシュがゆっくりめで、後方からの競馬になりがち。差し脚もそれほど"切れる"タイプではなく、長く脚を使ってジワジワと伸びる印象がある。それだけに距離が延び、新馬勝ちした東京コースでの出走も間違いなくプラスだろう。

 以上、今年のオークスはシルバーステート産駒ラヴァンダ、リアルスティール産駒トロピカルティーの2頭に期待する。

著者:平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki