不動産投資で成功しいてる韓国芸能界のスターたちの金額が話題になっている。
4月7日に放送されたMnetの『TMI NEWS』では、「不動産の相場差益が大当たりしたスター」が紹介された。トップ5に入ったスターと、その金額を見てみよう。
番組で5位にランクインしたのはKARA出身のパク・ギュリだ。

パク・ギュリは、イ・ヒョリが居住して話題になった不動産やマンションの一室など21億ウォン(約2億1000万円)で購入したことがある。その他にも2棟の不動産を持っており、その総相場差益は約41億3000万円(約4億1300万円)とされた。
4位は歌手兼女優のユジン。彼女が夫で、タレントのキ・テヨンと20億ウォン(約2億円)台で購入したソウル江南区・清潭洞にあるビルは、2年間で価値が急上昇し、現在66億ウォン(約6億6000万円)の価値があるという。相場差益は46億ウォン(約4億6000万円)だ。

パク・ソジュンが3位にランクイン

『梨泰院クラス』で日本でも人気の俳優パク・ソジュンが3位にランクインした。
パク・ソジュンは、現在住んでいる清潭洞の高級マンションを2018年に58億5000万ウォン(約5億8500万円)で購入。その建物は現在、64億5000万ウォン(約6億4500万円)の価値があるという。
またソウル江南区・新沙洞のビルを110億ウォン(約11億円)で購入したパク・ソジュンは、建物をリモデリングし、長らく一緒に働いたスタッフたちに廉価でレンタルしたりしたことがある。その建物の価格は現在、150億ウォン(約15億円)となっている。合わせて46億ウォン(約4億6000万円)の相場差益だ。
2位は、『江南スタイル』で知られる歌手PSYだ。
PSYは以前、漢南洞の不動産を78億5000万ウォン(約7億8500万円)で、新沙洞の不動産を77億ウォン(約7億7000万円)で購入した。現在、漢南洞の不動産の相場は150億ウォン(約15億円)、新沙洞の不動産は130億ウォン(約13億円)だ。計124億5000万ウォン(約12億4500万円)の相場差益となっている。
そして1位に輝いたのは、女優キム・テヒの夫としても知られる歌手RAINとなった。
RAINは2008年に清潭洞の不動産を購入、2017年に再建築した。番組でRAINの所属事務所として紹介されたこともあるその建物は、カフェやレストラン、美容室なども入っている。1カ月の賃料収益だけで、1億ウォン(約1000万円)に上るとも。
2008年当時、168億ウォン(約16億8000万円)で購入したその不動産は、現在の相場価格が465億ウォン(約46億5000万円)となっており、相場差益だけで297億ウォン(約29億7000万円)に上る。文句なしのNo.1となった。
芸能人の不動産投資が何かと話題になる韓国。今後も今回発表されたランキングがどう変化していくか、注目したい。