映画『ミナリ』に出演した女優ユン・ヨジョン、ハン・イェリが、「第93回アカデミー賞授賞式」に出席するために出国した。ユン・ヨジョンとハン・イェリはそれぞれ4月13日、21日に米ロサンゼルス行きの飛行機に搭乗している。

海外有数の授賞式で可能性を認められ、「第78回ゴールデングローブ賞」では外国語映画賞を受賞した『ミナリ』。アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞、脚本賞、音楽賞の6部門にノミネートされ、映画業界を沸かせた。
韓国人女優として初めてアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたユン・ヨジョンと、アカデミー賞から正式招待されたハン・イェリは、ジェイコブ役のスティーブン・ユァンおよびリー・アイザック・チョン監督と現地で合流し、授賞式や現地でのスケジュールをこなす予定だ。
今回のアカデミー賞で注目すべきは、ユン・ヨジョンの受賞可否だ。ハリウッドの各種授賞式の結果を占うサイト「Gold Derby」で行った予測アンケートでは、ユン・ヨジョンが不動の1位を記録し、楽観的な見通しを示した。
韓国の大衆文化評論家チョン・ドクヒョン氏は「ユン・ヨジョンはデビューの頃から型破りなフィルモグラフィーを披露してきた。『ミナリ』でも定型性から脱皮したおばあちゃんの姿で、印象深い演技を披露している」とし、ユン・ヨジョンの受賞に期待を寄せている。
また、ほかの業界関係者は「受賞結果は別として、助演女優賞にノミネートされただけでも意味深い。『ミナリ』の根っこはアメリカ映画だが、韓国系の監督と韓国人俳優たちの出演によって韓国映画の歴史においても意味ある足跡を残すことになった」と述べた。
はたして『ミナリ』は、アカデミー賞受賞という快挙となるか。注目の第93回アカデミー賞授賞式は、日本時間で26日午前(現地時間25日午後)開催だ。