俳優パク・ソジュンが、モノクロ写真で光る洗練美を披露した。

パク・ソジュンは最近、映画振興委員会が韓国映画の現在と未来を代表する俳優200人を世界の映画界に紹介するキャンペーン「KOREAN ACTORS 200」に参加。カリスマ性あふれる佇まいで見る者を惹きつけた。
オールバックヘアとシンプルなジャケットスタイルで、圧巻のオーラを放っている。出演作ごとに見せる繊細な表現力をそのまま落とし込んだような仕上がりのカットは、さすがパク・ソジュンといったところだろう。
2011年にB.A.Pヨングクの『I Remember』ミュージックビデオで俳優デビューしたパク・ソジュンは、数多くのドラマで“ラブコメ職人”と呼ばれるほどの人気を得ただけでなく、スクリーンでも大きな存在感を発揮。『ミッドナイト・ランナー』『ビューティー・インサイド』『ディヴァイン・フューリー/使者』といった作品で多彩なキャラクターを演じ、トップ俳優としての地位を固めた。
現在は『ドリーム』『コンクリートユートピア』(いずれも仮題)と2本の映画への出演を知らせており、ファンの期待を一身に背負っている状況だ。
卓越した演技力で韓国にとどまらない人気を誇るパク・ソジュンが、スクリーン復帰作をどのように彩るのか。今後の活躍に期待は高まるばかりだ。
◇パク・ソジュン プロフィール

1988年12月16日生まれ。韓国・ソウル出身。2011年にB.A.Pヨングクの『I Remember』ミュージックビデオで俳優デビュー。2012年のドラマ『ドリームハイ2』で本格的な演技活動をはじめ、2014年の『魔女の恋愛』で連ドラ初主演を務めた。主な出演作にドラマ『花郎<ファラン>』『サム、マイウェイ 〜恋の一発逆転!〜』『キム秘書はいったい、なぜ?』、映画『ミッドナイト・ランナー』、『ディヴァイン・フューリー/使者』、『パラサイト 半地下の家族』(カメオ出演)など。2020年からNetflixで配信がスタートした主演ドラマ『梨泰院クラス』は日本でも大きな反響を得た。