BLACKPINKのリサが初のソロアルバム『LALISA』で、米ビルボードのメインチャートにランクインした。

リサのソロアルバムのタイトル曲『LALISA』は、9月20日(現地時間)に予告された米ビルボード「グローバル200」最新チャートで2位を記録した。また米ビルボード「HOT100」チャートでは84位にランクインし、ポップ市場での存在感を示した。
これはBlACKPINKのメンバーであるロゼの『On The Ground』(70位)に続き、K-POP女性ソロアーティストとしては2番目の数字だ。現地での活動を展開することができない状況で、ただ音楽自体の力だけで収めた成果だ。
アメリカの経済専門誌『フォーブス』は、リサのこれらの成果をさらに細かく注目した。同誌は、「リサのソロタイトル曲『LALISA』と収録曲「MONEY」は、ビルボードのデジタルソングセールスチャートでそれぞれ6位と8位に上がった」とし、「アメリカ音楽市場での意味のある足跡」と指摘した。

米ビルボードや海外チャートで存在感

BLACKPINKは米ビルボード「HOT100」に複数回、名前を上げてK-POPガールズグループの“初”と“過去最高”という修飾語を着実に得てきた。『DDU-DU DDU-DU』(55位)、『Kiss And Make Up』(93位)、『Kill This Love』(41位)、『Sour Candy』(33位)、『How You Like That』(33位)、『Ice Cream』(13位)、『Lovesick Girls』(59位)が、その歴史だ。
アメリカを含める世界200以上の地域で収集されたストリーミング音源の販売量をもとに順位を定める「グローバル200」チャートでは、ロゼが『On The Ground』でK-POPソロアーティスト初の1位を獲得したりもした。さらに今回、リサのソロ曲『LALISA』が同チャート2位を占める成果を残した。
リサは9月10日に発表したソロアルバムを通じて、多様なグローバルチャートで派手な“記録行進”を展開している。
『LALISA』は、これまで計72カ国のiTunesトップソングチャートのトップを占め、YouTubeのソングトップ100チャート(9月10〜16日)でも1位を記録。また、Spotifyグローバルチャートで15位、英オフィシャルシングルチャートトップ100(Official Singles Chart Top 100)でも68位にランクインした。
『LALISA』のミュージックビデオは、YouTube公開初日に再生回数7360万回を記録し、ソロアーティストの世界最高記録を更新した。そして2日目に1億回を突破し、K-POPソロアーティストの最短記録を更新した。
『LALISA』はアルバム初動販売量も73万6221枚と集計(HANTEOチャート基準)され、過去最大級の成績を収めた。海外販売分を含めると、80万枚を超えたとも把握されており、今後は累計販売枚数が100万枚を達成するかどうかに関心が集まっている。