BTS(防弾少年団)の楽曲『Butter』が、アメリカでまだまだ人気だ。

『Butter』は、米ビルボードが9月21日に発表した最新「ホット100」(9月25日付) で14位を記録し、17週連続ランクインをキープした。6月5日付のチャートで初登場1位にランクインした同曲は、通算10回にわたって1位を獲得したことで「2021年のホット100最多1位」のタイトルを保有している。
最新「デジタルソングセールス」チャート(9月25日付)では通算16回目の1位を獲得し、「ポップエアプレー」で34位、「カナディアンデジタルソングセールス」で35位、「カナディアンホットAC」で24位にランクインした。
また、世界200カ国以上の国・地域のストリーミングと売上を集計する「ビルボードグローバル200」では『Butter』が12位、『Permission to Dance』が38位、『Dynamite』が46位にランクイン。
「ビルボードグローバル(アメリカを除く)」では『Butter』が7位、『Permission to Dance』が23位、『Dynamite』が27位、『Boy With Luv (Feat. Halsey)』が200位にランクインしている。
BTSは9月20日、大統領特別使節の資格で「第76回国連総会」の開会演説を行い、国連本部で『Permission to Dance』のパフォーマンスを披露した。