2PMのジュノと子役出身女優イ・セヨンが出演する『袖先赤いクットン』(原題/MBC)が、ツーショットのスチール写真を初公開した。

『袖先赤いクットン』は、熱い人気を誇ったカン作家の同名小説が原作だ。自分が選んだ人生を守り抜きたいという女官と、愛よりも国を優先する王の切ない宮廷ロマンスが描かれている。
題名にある“クットン”とは、女性のチマチョゴリで色違いの布を袖先に足しつけた部分のこと。また、“赤いクットン”は女官を意味する。
除隊後、さらなる魅力を兼ねそなえて帰ってきた2PMのジュノと、『宮廷女官チャングムの誓い』の子役出身で“時代劇の女神”とされるイ・セヨンが共演することで、大きな期待が集まっている。
ジュノは劇中、頑固で傲慢な完璧主義者の王世孫(王位を引き継ぐ者)イ・サン役を、イ・セヨンは多数いる王の側室の1人ではなく、自分の人生が最優先の女官ソン・ドクイム役を演じる。
後に正祖(李氏朝鮮第22代目の王)とその側近である宜嬪成氏になる2人は、炸裂な政治争いが繰り広げられる宮廷のなかで、波瀾万丈なロマンスを描く予定だ。
公開されたスチール写真は、緑が印象的な葉が生い茂る池のほとりに立つ2人の姿が写し出されている。ジュノが着用している衣装からは、王世孫の威厳と気品が感じられ、袖を赤く染めた薄いピンク色と、スカートの青色が上手く調和したチマチョゴリ姿のイ・セヨンからは、女官としての堂々と澄ました雰囲気を感じられる。
さらに、「王世孫と女官は目を合わせてはいけない」という決まりを破っている2人の視線にも注目。揺るぎない眼差しでじっとイ・セヨンを見つめるジュノと、緊張した様子でジュノを見上げるイ・セヨンからは目を離せない。
『袖先赤いクットン』は、ドラマ『自己発光オフィス』を演出したチョン・ジイン監督と『仮面の王 イ・ソン』を共同執筆した脚本家チョン・ヘリが意気投合したドラマ。韓国MBCにて11月5日に放送開始される予定だ。