公益社団法人日本観光振興協会一般社団法人日本旅行業協会JATA)、日本政府観光局JNTO)は、「ツーリズムEXPOジャパン2022」を 2022 年9月 22日(木)から9月25日(日)までの4日間、東京ビッグサイトにて開催する。

新しい時代へのチャレンジ〜ReStart〜」 をテーマに、再び世界の観光事業者が集結する日本最大の場として、旅行需要回復に寄与、観光産業の復活、再生、経済への貢献を目指すと発表。政府による緊急事態宣言が全面解除され、経済正常化の動きが活発する中、世界各国でも渡航制限の緩和が進み、旅行業界の復興を期す。

■スポーツ・ツーリズムも復権へ

「新型コロナウイルス感染症が落ち着いたらやりたいこと」の調査で1位だったのは旅行。訪日外国人観光客の受け入れが大幅に緩和され、国内では県民割等も相まって、感染対策を行いながら楽しむ動きが徐々に活発化している。

ツーリズムEXPOジャパンは、海外・国内・訪日旅行を三位一体と捉え、「観光の未来」を示す世界最大級の観光産業総合見本市。「世界のツーリズムをリードする」総合観光イベントとして、様々な情報発信を行う。

観光交流再開に向け2022年のツーリズムEXPOジャパンは、ウィズコロナ・アフターコロナを見据え、以下の4つのテーマを掲げ開催となる。

1. ニューノーマル時代の新しい旅のカタチの体験 2. 旅のチカラで地域振興に貢献 3. 新しい国際交流のカタチを日本から発信 4. 持続可能な観光振興の推進

ツーリズムEXPOジャパンは、国内外の観光関連事業者が一堂に会する、世界最大級の観光総合見本市として2014年に誕生。 観光交流による成長を地域に波及するため2019年は大阪・関西で初の地方開催。2020 年は徹底した感症防止対策のもと、沖縄で開催した。

8回目を迎える2022年は4年ぶりに東京に回帰。ツーリズムEXPOジャパンも新しい時代にチャレンジするべく「リアルとバーチャルを融合させたハイブリット型」 として生まれ変わり、観光ビジネス創出の機会を提供し、国内外の旅行需要回復への寄与を目指す。

近年はスポーツ業界も「スポーツ・ツーリズム」に着目。特に東アジア、東南アジアからはプロ野球、Jリーグなど日本のメジャースポーツ観戦に訪れる観光客も増加傾向にあった。2021年に開催された東京五輪では、もちろんそのテコ入れを視野に入れていたが、新型コロナウイルス蔓延により、外国人観光客の受け入れを断念したのは記憶に新しいところだ。

23年には沖縄にてバスケットボールのワールドカップ開催も決定しており、今ここで、スポーツ・ツーリズムの復権も目指す。

「ツーリズムEXPOジャパン2022」 開催概要 ■日 時: 2022年9月22日(木)〜 9 月 25 日(日) ■会 場: 東京ビッグサイト (東京都江東区有明3丁目 11-1) ■主 催: 公益社団法人 日本観光振興協会、一般社団法人 日本旅行業協会(JATA) 日本政府観光局(JNTO) ■合同開 催: VISIT JAPAN トラベル&MICE マート(VJTM)2022 ■同時開 催: トラベルソリューション展 (仮称) 共催:日本経済新聞社 GOOD LIFE フェア 主催:朝日新聞社

文●SPREAD編集部