第104回全国高校野球選手権大会は18日、準々決勝が行われ、第2試合で近江(滋賀)が7ー6で高松商(香川)を下し、2年連続でベスト4進出を果たした。

この試合エースで4番の山田陽翔は7回1/3を投げ、10奪三振。甲子園通算11勝目を挙げた。山田はこれで通算108奪三振。

これで早稲田実業の斎藤佑樹(元・北海道日本ハム・ファイターズ)が2006年までに記録した通算104個を抜き、歴代単独5位に浮上した。

なお、山田は準決勝以降の試合で三振を6つ奪うことができれば、歴代単独で3位に浮上する。

■金属バット導入前後の議論

甲子園での通算最多奪三振記録は、桑田真澄(PL学園)。前人未到の150奪三振を達成している。2位は島袋洋奨(興南高)。3位は113個で、柴田勲(法政二)と石井毅(箕島)*が並んでいる。このため山田は単独5位となる。

各紙の報道では、この柴田の記録が「金属バット導入以前」との状況で外されているようだが、バットに当たらない三振について、金属バット導入を条件として外したのだとすれば、論外だろう。

ちなみにひとつの大会における最多奪三振数では1958年、板東英二(徳島商)が記録した83個。2位は、2006年斎藤佑樹の78個。3位は2012年松井裕樹(桐光学園)の68個となっている。「金属バット導入以前だから」という理由で、坂東の記録を参考記録としてしまうのかは、疑問が残る。

*現在、養子縁組により木村竹志と改名。

■甲子園通算奪三振10傑

記録は2022年8月18日現在。

投手 学校 所属プロ球団 甲子園最高成績 出場年 奪三振 投球回 奪三振率
1位 桑田真澄 PL学園 巨人など 優勝、夏1,春1 1983〜85 150 197 2/3 6.83
2位 島袋洋奨 興南高 ソフトバンク 優勝、夏1,春1 2009、10 130 115 2/3 10.12
3位 柴田 勲 法政二 巨人 優勝、夏1,春1 1959〜61 113 103 2/3 9.81
3位 石井 毅(木村竹志) 箕島 西武 優勝、夏1,春1 1978、79 113 138 1/3 7.35
5位 山田陽翔 近江 準優勝 2021、22 108 105 1//3 10.25
6位 斎藤佑樹 早稲田実 日本ハム 優勝、夏1 2005、06 104 106 8.83
7位 尾崎行雄 浪商 東映 優勝、夏1 1960、61 102 89 10.31
7位 田中将大 駒大苫小牧 ヤンキースなど 優勝、夏1 2005、06 102 91 1/3 10.05
8位 奥川恭伸 星稜 ヤクルト 準優勝 2018、19 100 87 1/3 10.31
10位 松坂大輔 横浜 レッドソックスなど 優勝、夏1 1998 97 99 8.82
10位 荒木大輔 早稲田実 ヤクルト 準優勝 1980〜82 97 141 6.19

文●SPREAD編集部