「Indeed Japan 長谷部誠選手 トークイベント」が14日に行われ、ドイツ・ブンデスリーガフランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠が登場した。

■今季リーグで7得点と結果を残す

求人検索エンジンのIndeedが主催するイベントに登壇した長谷部には、フランクフルトで同僚としてプレーし、今季ここまでブンデスリーガで7ゴールと好調を維持する日本代表MF鎌田大地についての質問が飛んだ。

チームメートとして成長を見守ってきた長谷部は今季の鎌田の飛躍について「今シーズンはコンスタントにいいプレーをしてますし、チームでも自分が中心となる、という強い気持ちを持ってやっているので、本当にチームメートや監督からも信頼を置かれていると思います」と、チームの中心として戦う責任感と結果を残している点を評価した。

また、11月20日に開幕するカタール・ワールドカップでは日本の中盤で攻撃のタクトを奮う役割が鎌田には期待されている。

過去3大会で主将を務めてきた長谷部は「それ(今季のクラブでの活躍)が代表の方にもいい影響を与えていると思いますし、ワールドカップももうすぐ始まるので、そこでも中心的な役割を担って、日本代表として頑張ってほしいです」と語り、クラブと同様に日本代表でも中心選手としてチームを引っ張ってほしいとエールを送った。

文●井本佳孝(SPREAD編集部)